« 山形に来ています | トップページ | 陽だまり »

関東平野と富士山

 こんばんは、チェスです。

 昨日は山形滞在のため、「タネがいっぱい」の記事を更新できずお詫びいたします。

 義兄の葬儀は、昨日滞りなく行われました。小生とカミさんの山形での披露宴以来という、こちら関係の親戚の方々と再会できました。

 さて、今日はカミさんが山形に居るうちに、ということで初七日法要をやっていただいて、午後の新幹線で帰京です。
 山形新幹線は、新幹線と言いつつ、福島-新庄の区間は「ミニ新幹線」という区間ですので、さほどスピードは出ません。ですが、この区間は今の季節、雪深いですから、元々あまり速度が出せないということもあるかもしれません。

 福島で、「MAXやまびこ」と連結されると、新幹線本来のスピードになって、東京目指して南下します。
 宇都宮を過ぎて、小生は進行方向右側(西側)の窓際に座っていましたので、関東平野に入って、何時の間にか雲が晴れてきた夕空を眺めていましたら、南南西の方角かなぁ、夕日のシルエットで富士山が見えるのに気が付き、隣のカミさんに教えたら、彼女も吃驚していました。
 宇都宮というと、確かに関東平野には入った所ですが、まだかなり北というイメージです。ですが、富士山の方向に、障害になる山や建物が無いためか、くっきり鮮やかに富士山の稜線が見えるのです。
 小山を通過し、大宮に近づくと、さすがに高層建築物に遮られることが多くなりましたが、でも大宮までは富士山が見えました。

 関東平野とは広いし、富士山はさすがに高いですねぇ。

|

« 山形に来ています | トップページ | 陽だまり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東平野と富士山:

« 山形に来ています | トップページ | 陽だまり »