« うさぎ跳び | トップページ | ランナーズ・ニー »

ホンダがF1から撤退 残念

 こんばんは、チェスです。

 今日、本田技研工業の福井社長から「2008年のシーズンをもって、ホンダはF1から撤退する」旨の発表がありました。
 思えば、日本のモータースポーツが、世界に伍して戦える事を示してくれたのは、ホンダのお陰でした。
 WRCが公道最速を決めるのであれば、F1はサーキット最速を決める世界最高峰のモータースポーツのカテゴリーでありましょう。(アメリカの方なら「いや、インディもあるでよ」とおっしゃるかもしれませんが)
 現在の様に、日本車が世界中の道路を走るようになる以前から、ホンダはモータースポーツの世界で覇者になることを目指して頑張っていました。
 そして、その努力は見事に結実し、「ホンダ黄金時代」を迎えたのです。

 その後のホンダは、エンジン供給メーカーとしてのF1参戦をして、数年前からシャシー、エンジントータルのコンストラクターズとしてF1に挑みましたが、近年の成績は残念ながら低迷していました。
 ホンダのF1撤退は、日本の自動車産業が、現在とんでもない状況に突入しているという象徴でありましょう。
 以前の記事にも書きました様に、日本における自動車産業というのは、非常に裾野の広いピラミッドを形成しているため、自動車産業の衰退は、日本の製造業全体に非常に大きな影響をもたらすものと思います。
 取り合えず、来年の「日本グランプリ」は、トヨタ資本の「富士スピードウェイ」ではなくて、ホンダ資本の「鈴鹿サーキット」で開催されるということは、福井社長も明言されていますから、その点は一安心です。テクニカルなコースとして、多くのF1ドライバーから高い評価を受けている鈴鹿での開催は、ホンダファンを勇気づけることでしょう。
 できるだけ近い将来に、ホンダが日の丸を背負ってF1の世界に復帰してくれることを願います。

|

« うさぎ跳び | トップページ | ランナーズ・ニー »

コメント

私は、あまりクルマのレースのことは知りませんが、日本の自動車業界にとっては大変なことなのですね。先日バイクの試乗会で青山のホンダの本社に行ってきましたが、クルマもバイクもあまり売れなくて・・・ということを聞きました。世界的な不況が大きく作用しているのでしょう。ただ、若者のクルマ離れも要因のようですね。こちらもいろいろと要因はあるのでしょうが、私が若い頃にはクルマには憧れたものでした(バイクには今ほど興味はなかったのですが)。愛知県や広島県の期間労働者の解雇問題も話題になっていましたが、こちらもどうなるのでしょうね。

投稿: AA | 2008.12.06 00:24

>AAさん

 実は小生の勤務先も、自動車産業は一番のお得意先なので、今回の事態は大変なことになっています。
 何とか早いうちに立ち直ってくれませんと、我々のお給料やボーナスに響いてきますから。

投稿: チェス | 2008.12.06 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/43330541

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダがF1から撤退 残念:

« うさぎ跳び | トップページ | ランナーズ・ニー »