« ゼムクリップ | トップページ | 液晶ディスプレイ »

賃貸 vs 購入

 こんばんは、チェスです。

 本日、帰宅するために丁度プラットフォームに滑り込んできた京浜東北線に飛び乗ったところ、新型車両の方のE233系でした。
 で、情報モニターを眺めていたら、嬉しいことに「ダーリンは外国人」が始まりました。
 この、小栗左多里さん原作のアニメは週替わりで放送?されるため、今週分を見るチャンスはもうあと僅かしかなかったのです。
 で、今週のタイトルは「やはり困難な部屋探し」というものでした。(記憶あいまいなので、正確ではありません)
 以前に、このシリーズで「職業が漫画家で、夫が外国人という条件だと、部屋探しはなかなか大変」という苦労を披露されていました。
 今回は、新たな部屋探しにあたっての小栗さんと、ご主人のトニーさんとのこだわりの違いが浮き彫りにされていた・・・筈なのです。
 小栗さんは、家賃は高くても、広くて綺麗な部屋に住みたい、しかしトニーさんは、安い方が良く、浮いたお金で将来家を買おう、という「購入派」。

 で、その2人の拘りの違いがどのように衝突したかというと、わからないのです。
 アニメを見ていたら、途中で突然に画面にノイズが入ってきて、あれれ、どうしたんだ?と思うまもなくアニメの再生がストップしてしまい、暫くそのままの画面で、次に動いたと思ったら、もう違う番組になってしまったからなのです(泣)。

 今、小生は以前の鳥越の建て替えた家の住宅ローンを支払っていた時とは比べ物にならないくらいの家賃を支払っています。ま、家賃には「ボーナス払い」なんてものはありませんから、年額で比べたらその差は小さくなるでしょうけど。
 ただ、この位の家賃を払えるのであれば、後は頭金さえ貯金で用意できれば、銀行のローンで適当な物件を購入できそうな気もします。
 マンションとは言え、オーナーになれば、内装など気に入らなければ多少のリフォームは自由ですし、なによりローンを払い終えれば「自分のもの」になるのは大きい。
 ま、その代わりに、「気に入らないことがでてきたら、どこか他へ引っ越してしまう」ということは気軽にはできなくなりますし、固定資産税などの税金もかかってきます。

 つまり、このへんの裏返しが、賃貸派がいうところのメリットになるわけですね。

 飽きたり、気に入らなくなったら、引っ越せばいいのです。

 小生の場合、既にウチのカミさんの家の人間ですから、鳥越の家は関係なく、将来住むべきは山形の家になります。いずれは山形県人になりますから、今現在、無理して銀行から借金して、マンションを買うというのはちょっとアホらしい、と思って、自由気侭の賃貸生活でいいかな?と思っているのですがね。

|

« ゼムクリップ | トップページ | 液晶ディスプレイ »

コメント

以前、テレビの経済番組でやっていましたが、マンションの場合、現金で一括支払いでなければ、賃貸と購入では最終的に支払う額は同じとのことでした。賃料は、減価償却費と将来の資産価値を計算して家賃を決めているらしいです。また購入の場合ローンの金利がかなりかさむらしいのです。一戸建なら、土地の価値がありますがマンションだと購入後も修繕の問題などいろいろとあり、ずっと住み続けるのも大変みたいですよ。ただ、賃貸は高齢になると貸してくれない場合もあり、それはそれで問題のようです。私は会社の社宅扱いでずっと賃貸にしていますが、会社を辞めると住むところがなくなるのでそういう爆弾も抱えながら賃貸のままです。いずれ、近い将来私も実家の盛岡に帰る話も出てきました。そうしたら、東北でまた遊びましょう・・・。

投稿: AA | 2008.11.29 21:33

>AAさん

 首都圏では、一時期土地もマンションの価格も、ベラボウな高い価格になっていましたから、30年とかのローンを組まないと購入は無理だったですね。
 今でも、それなりの高級マンションは高いですから、気楽な賃貸生活がいいです。
 同じ東北人になりましたので、よろしくお願いします。
 盛岡と山形は、ちょっと遠いですけどね・・・仙台あたりで遊んでいただきましょうか。

投稿: チェス | 2008.11.29 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸 vs 購入:

« ゼムクリップ | トップページ | 液晶ディスプレイ »