« 何でもマイル | トップページ | タリーズコーヒー »

十条駅

 こんばんは、チェスです。

 カミさん関係の用事がありまして、会社を定時で退社しました。

 王子神谷の駅を無視して王子五丁目団地という、この界隈では比較的規模の大きな団地を左に見ながら西へ歩いていきます。
 やがて、かつては「東十条病院」としてこの付近の人々にとって大切な地域医療の中心をなしていたにもかかわらず、必要な医師が確保できなくなったとかで、廃業してしまった病院にぶつかりますので、ここで進路を南にとって、最初の交差点を再び西へ。
 するとJR線を跨ぐ高架橋が見えてくるので、こいつを渡ります。高架橋のたもとには、「草月」という和菓子屋さんがありますが、ここのどら焼き「黒松」は大変美味しいです。

 高架橋を登った上は、JR京浜東北線の東十条駅の南口。

 で、JR線を渡りきった向こう側には、道幅の狭い十条中央通りの入り口です。
 この道幅狭い商店街の中ほどに、「篠原演芸場」という、東京23区の中では唯一と言ってよい大衆演劇専用の小劇場があります。
 で、この商店街の出口が赤羽線~現在は埼京線か、の踏み切りで、踏み切りの南側がすぐJR「十条駅」のプラットフォームです。

 この十条駅の南側は、王子方面から環七姥ヶ橋交差点へと抜ける道が走っていて、当然にこちら側にも踏み切りがあります。
 要するに、十条駅の南北側の前後には踏み切りがあって、平面交差しているために、現在のプラットフォームというのはこのままでは延伸できない構造になっているのですね。

 というのも、この線は今でこそ埼玉県~池袋・新宿以南を結ぶ通勤の動脈なのですが、かつては池袋と赤羽を繋ぐのみの「都会のローカル線」=赤羽線、という歴史ある古い線なのです。
 昔からある線であるため、今ではそこそこ交通量のある道路であっても、そのまんまの踏み切り平面交差ということをやっている。
 だから、十条駅の如き構造を許しているのでしょうね。

 でも、この駅の北側は、ごく細い道路の踏み切りですから、ここをアンダーパスにするなりして、踏み切りを撤去できれば、北側にプラットフォームを延伸できます。
 ま、十条駅だけ工事しても仕方ありませんが、他の駅はたぶんプラットフォーム延伸は問題無いのではないでしょうか。
 そうすれば、殺人的混雑と言われている現在の埼京線の1編成の車両を増やすことができますから、若干でも混雑の緩和に繋がるのではないかな。

|

« 何でもマイル | トップページ | タリーズコーヒー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十条駅:

« 何でもマイル | トップページ | タリーズコーヒー »