« なんとも残念-「しらせ」解体へ | トップページ | 2008年10月25日の »

オペラと野球

 こんばんは、チェスです。

 小生の勤務先は、本社のある東京都北区が開催している「北区国際音楽祭」に協賛していまして(というと大層な響きがありますが、僅かな額のお金を出しているだけです)そのために招待チケットが会社に送られてきます。
 今年は小生がこの恩恵にあずかることができまして、カミさんと2人で鑑賞してまいりました。

 演目は、ヨゼフ・ハイドンのオペラ「騎士オルランド」。

 とにかく珍しい曲でして、日本での初公演らしいです。例によって、毎年登場の古楽器によるオーケストラです。
 ストーリーは、特段面白いものでもなく、2人の騎士と女王様が絡む三角関係を、魔女が魔法を駆使して解決してしまい、ハッピーエンドに持ってきてしまう、というもの。

 オペラが終わってから、カミさんはクッキングスクールの講習へ向かい、小生は東京ドームへ。
 弟が、セ・リーグのクライマックスシリーズのチケットが手に入ったから、と誘ってくれたのです。

 結果は皆さんご存知の通り、ジャイアンツが昨年の雪辱を果たして、クライマックスシリーズを制しました。そうなると、パ・リーグもセ・リーグもリーグ覇者同士の日本シリーズ。
 ジャイアンツ対ライオンズの戦いは、2002年以来ですかね。

|

« なんとも残念-「しらせ」解体へ | トップページ | 2008年10月25日の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペラと野球:

« なんとも残念-「しらせ」解体へ | トップページ | 2008年10月25日の »