« 帰省時期 | トップページ | ジョーバ »

連帯責任

 こんばんは、チェスです。

 7月27日に、夏の甲子園大会が始まります~という記事を書きましたが、その後、桐生第一の野球部員が強制わいせつで逮捕されるという事件が起きました。
 大会直前という事もあり、学校として甲子園大会への出場を辞退するかもしれない、という予想もありましたが、校長の記者会見で「辞退はせず」と態度が明らかになり、更に本日、高野連も桐生第一の参加を認めるということで、無事出場できることになりました。

 騒ぎを起こした野球部員は当然に罰せられるわけですが、野球部が連帯責任を負って甲子園大会への参加を辞退するということになったら、他の部員達があまりに気の毒だと思っていましたので、この決定については歓迎です。

 過去に、一部員が引き起こした不祥事によって、甲子園大会への出場を辞退したケースはあり、しかしどうして野球部全体が連帯責任を負わなくてはならないのか?と当時は疑問でした。
 やはり甲子園大会出場を目指して頑張ってきた部員全員のことを考えたら、連帯責任はおかしいでしょう。個人が罪を負うべき事件で、過去どうしてメンバー全員が責任を負わなくてはならなかったのでしょうね。誠に日本的だと思います。

|

« 帰省時期 | トップページ | ジョーバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連帯責任:

« 帰省時期 | トップページ | ジョーバ »