« 遠近両用 | トップページ | ちと下品な話ですが »

運転免許証のコピー

 こんばんは、チェスです。

 婚姻届を出してからこっち、とにかくありとあらゆる手続きに伴う「住所・氏名変更」ばかりをやっておりました。
 どうでも良い様なのもありまして、例えばお店のポイントカードに名前を書き込む奴なんかは、こんなのは偽名というか、適当な名前でも作れるシロモノですから、後回し、というか放置です。

 婚姻届提出当日に、これだけは必ずやっておかねば、と思ったのが、取引銀行の住所・氏名変更と、運転免許証の本籍・住所・氏名変更。

 取引銀行の方は、今後いくつかのクレジット・カードの同様の手続きをした時に、先に変更を済ませておかねば具合が悪い、と思ったからで、運転免許証の方は、こちらの変更さえ済ませておけば、今後の手続きに際して必要な公的証明書になってくれると思ったからです。

 銀行の方はともかくとして、運転免許証は次回の更新の時まで、免許証の裏側に変更事項が記載されているだけなんですね。これはちょっと意外でありました。実は小生、新しい免許証(有効期限は変わらないにしても)をくれるものと思っていたのです。
 となると、氏名変更がありました、という証明をする際に免許証のコピーを提出する場合には、これまでは表側1枚のコピーで済んでいたのが、表と裏の2枚のコピーを取らなくてはならなくなってしまいました。
 ただ、けち臭い話ですが、コピー機でコピーを取るときに、一番小さい紙のサイズはB5ですよね。運転免許証は現在キャッシュカードなどと同じサイズに小さくなっていますから、半分以上余白であると。半分以上が余白の紙を2枚使うのはもったいないのです。
 何回も同様の手続きをこなしていくと、「運転免許証などの公的証明書のコピーを同封しろ」という所が多いので、コピーの回数もバカになりません。

 で、それなら半分以上の余白部分を使ってやればよかろう、と思いました。
 運転免許証の表のコピーを取る時、紙の上半分に写るように免許証を置きます。
 で、コピーを取った紙をコピー機の手挿しトレイに置いて、今度は免許証の裏を、紙の下半分の余白に写る様に置いてコピーを取ると、1枚に表裏が写るというわけ。

 大変セコい話ではありますが、今流行りの「エコ活動」と考えてみればちょっとは格好いいかな?(強引)この「エコ」って、「エコロジー」の略ですよね?

|

« 遠近両用 | トップページ | ちと下品な話ですが »

コメント

今は、運転免許証が身分証明の代わりみたいになっているので、いろいろな場で必要になりますね。私も住所変更のたびに裏書されました。更新してすぐに引っ越ししたこともあった感じ。現在のものは、大型二輪を追加した時に現住所も表に書かれたので一応表面でけで用は足ります。ところで、個人情報保護法で窓口などでは「免許証のコピーを取ってもいいですか」とか「番号を控えてもいいですか」と言われませんか?これは同意のないものを行ってはいけないことなのだそうです。コピーや控えの管理の状態を確認することもできるようです。なので、拒否してもいいらしいです。窓口で提示によって確認が可能であればそれ以上のことは強制できないという解釈です。郵送の場合も、送付したコピーを返却して欲しいといえば、返してくれるようですが、返送料などの問題もあるので、面倒ですね。

投稿: AA | 2008.06.19 00:33

>AAさん

 そうですね。何か重要な変更などの手続をする際に、運転免許証はあくまでも「本人確認」のためなのでしょうから、個人情報が記載されているあれをコピーするのは、確認さえとれれば不要な筈ですよね。窓口に本人が来ているのであれば、何故コピーが必要なのか、今度訊いてみよう。

投稿: チェス | 2008.06.19 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許証のコピー:

« 遠近両用 | トップページ | ちと下品な話ですが »