« 写真集 | トップページ | 挨拶 »

AED

 こんばんは、チェスです。

 会社に、AEDが設置されることになりました。

 もうかなり一般的になってきた、この機械ですが、Automated External Defibrillator の略でありまして、日本語では「自動体外式除細動器」と言います。

 で、単に設置されただけ、「ウチの会社でも設置しました~」では意味が無いのであって、この器械を使って人の命を助けることができなくてはダメでしょう!ということから、社員への講習がございましたから、聴講してきました。

 器械そのものは駅など公共の場所に設置されるようになりましたから、存在はかなり広く認知されるようになったとは思いますが、本日の講習で、大きな勘違いがあったことに気が付きました。
 AEDは「除細動」を行なう器械ではあるのですが、もっと重要なのは従来から言われている「心肺蘇生法」を実施しながら、AEDを行なうことなのです。
 いや、心肺蘇生法がまずありき、と言うべきでしょうか。

 ご存知ではない方もいらっしゃると思うので、本日講習で貰ったパンフレットから項目を拾ってみます。
『救命の連鎖』
・119番に通報 ・心肺蘇生法の実行 ・AEDの使用 ・二次救命処置

『心肺蘇生の手順』
1)反応の確認
 人が倒れたら、周辺の状況を確認して(例えば、もし有毒ガスなどを吸引した結果だとしたら、その場にいる自分も危ない)、安全と思われる状況で反応を確認する。
2)大声で協力を求める
 反応がない場合には、周辺の人に協力を求める。119番への通報、AEDを持ってきて、と具体的に依頼する。
3)気道を確保し、呼吸(息)の有無を調べる
 舌が落ち込んで気道を塞いでしまうことがあるので、あご先を持ち上げて頭を反らせ、気道を確保。傷病者の口と鼻先に自分の頬を近づけ、目線は傷病者の胸腹部に向けて、呼吸の有無をしらべる。
4)人工呼吸
 呼吸が無ければ、人工呼吸を行なう。傷病者の鼻をつまみ、1秒かけて傷病者の胸が軽くふくらむ程度の量を口から吹き込む。これを2回。
5)胸骨圧迫
 直ちに胸骨圧迫を開始。圧迫する位置は、乳頭線上の中央。ここに片手を置き、もう一方の手を重ね、肘を伸ばして、自分の肩を胸骨の真上に持ってきて、体重を利用して4cm程度胸骨が沈む程度に圧迫。これを1分間に100回のリズムで30回押す。(これは意外に速いスピードです、だからそのうちにかなり疲れることになります)
6)胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を繰り返す
7)AEDの電源を入れる
8)パッドを傷病者の胸に貼る
9)解析
10)除細動
 器械が必要と判断したら、ショックボタンを押すように器械からの指示があるので、傷病者から離れてショックボタンを押す
11)心肺蘇生を再開
12)救急隊に情報を伝達

 つまり、AEDの使い方もさることながら、心肺蘇生法を行なわないと救命はできないのですね。
 それからAEDは失敗を恐れずに使用することが肝心と思われます。とは言っても、実際の現場に直面したら、冷静にはできないでしょうね。

|

« 写真集 | トップページ | 挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AED:

« 写真集 | トップページ | 挨拶 »