« 延々打ち合わせ | トップページ | コーヒー只! »

スバル・フォレスター

 こんばんは、チェスです。

 富士重工業という会社がございますでしょう。
 前の大戦の時には数々の名軍用機を送り出した「中島飛行機」の流れをくむ会社ですが、現在では「スバル」のブランドによって名前が知れている自動車メーカーですね。

 小生も、「レオーネ・ツーリングワゴン」の発展形ともいうべき「レガシィ・ツーリングワゴン」に暫く乗っていたこともありますから、この会社が送り出す「水平対抗4気筒エンジン+4輪駆動」というシステムに一部強烈なファンがいるということを理解しています。

 レガシィは、スバルとしては社運を賭けたと言われる新車でしたが、これは中々の成功を収めたと記憶しています。
 その後、スバルの出した「クロスオーバーSUV」というカテゴリーになるのが、「フォレスター」というクルマです。「クロスオーバーSUV」というのは、トヨタランドクルーザーや日産サファリの如く、フレーム構造を持つ無骨なオフロード4WDと、乗用車に代表される乗り心地重視のオンロードカーの両方のコンセプトを持っているクルマ、というくらいの言葉でしょうか。
 雰囲気はオフロード4駆なんですが、中身はオンロードカーと同じモノコックボディで、車高もそんなに高くなく、乗り心地を良くしているのがこういったクルマの特徴です。トヨタのRAV4とか、ホンダCR-Vなんかがそうですね。

 スバル・フォレスターも、昨年の暮れにフルモデルチェンジして3代目になりましたが、このテレビCMが思わず見入ってしまう作りでした。
 古の「スーパーマリオネーション特撮」=サンダーバードの、あの、いつもワクワクしながら見ていたサンダーバード発進シークエンスを使って、音楽も無論サンダーバードのサントラ使用(か、そこからの編曲)。森の中の秘密車庫から、フォレスターが勇ましく発進するのですな。

 スバルというメーカーは、独特のメカニズムとシステムを「ウリ」にしているカーメーカーだけに、サンダーバードのファンの目を釘付けにするテレビCMは、中々やるもんだ、と感心しましたよ~


|

« 延々打ち合わせ | トップページ | コーヒー只! »

コメント

私の知る限りでは、スバルは熱狂的なファン(というかユーザーさん?)が多いので高名ですよね。
特定のメーカーのファンで、アルファロメオは「アルフェスタ」と言うそうですが、国産ではスバルのみ「スバリスト」と言われるそうです。
「スズキスト」とか「ニッサンスト」とかは普遍的じゃないですよね?(尤も、狂信的ニッサンファンも多々いらっしゃるのは先刻承知ですが

クルマは楽しいんだよ!って事を今の若者に気付いてもらいたいモンです。

投稿: れいあうと | 2008.03.04 00:01

>れいあうとさん

 そうですね。モータースポーツの分野でも、サーキット最速を決めるF1ではスバルの名前は出てこなくても、「公道最速」を決めるWRC=ラリーでは、スバルは堂々の世界チャンプを争うブランドですからねぇ。
 インプレッサにもレガシィにも、それぞれ強烈な固定ファンがいることが、自動車メーカーとしてみたら小さいかもしれないスバルというメーカーの強みですよね。

投稿: チェス | 2008.03.04 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバル・フォレスター:

« 延々打ち合わせ | トップページ | コーヒー只! »