« 1ヵ月分もったいない | トップページ | 住民票を取る »

礼金とは

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事の続きみたいなもんです。

 小生は昨日の記事に書きました様に、賃貸借契約というのに不慣れですから、ちょっと勉強してみましたが、なんとも理解しがたいのが「礼金」という存在です。

 敷金というのは、これはまぁわかります。何かあったときのために、大家さんが担保としてとっておく保証金と考えればいいでしょうね。で、部屋を退去するときに、内装を直さないといけない所が発生したらば、敷金の範囲内で済めば、残りは返却してくれると、そんな理解でいいのかな。
 正確にはこれから締結する契約書の方に色々細かく書いてあるのでしょう。

 でも、礼金、こちらはいったいなに?

 「カミサンになる人」にも訊いてみたり(何せこの人は賃貸借契約のヴェテランだから)したのですが、どうもすっきりしない。

 -部屋を借りるための対価というのは、賃料としてきちんと払うのに、それとは別に何で「お礼」のお金を払わないといけないのかなぁ、理由がない、不合理じゃないか?-

「そんな事言ってもね、『礼金払うのがイヤなら、借りなければいいでしょ』って言われちゃうよ。決まっているから払うものなんだよ~」

 う~

 色々調べると、「礼金」が必要ない条件の物件もあるみたいです。
 しかし、小生が今回契約する物件の様に、「礼金2ヵ月、敷金2ヵ月」なんていうのを平気で書いてあるのが普通みたいで、多い。
 わからない時のWiki頼み、ということで、調べてみると、「遠方から初めて東京などの都会に一人暮らしをするために部屋を借りる人は、周囲に親戚などもいないため、何かの時に相談に乗ってくれる人もいない。そのため『何かの時には助けてやってください、よろしくお願いします。』の意味で、大家さんに親代わりをお願いする。」ためのお礼のお金、というのが起源の様です。

 だから、比較的近くに引っ越す場合には、そもそも礼金は必要ないし、だいたい交通の便が良くなって日本のどこへいくのでも時間距離が大幅に短縮された現代においては、礼金の意味は無くなってしまったと考えられる、との解説もありました。

 要は、大家さんの既得権益、という物なのではないでしょうか。何を今更言っているんだ、イヤなら止めろ、借りてくれる人は他にいくらでもいるんだから、と言われると困るので、大人しく振り込んでしまいましたけれど、既得権益と化しているなら、借りる側は一致団結してこんな不合理は正すべきではないですかねぇ。

|

« 1ヵ月分もったいない | トップページ | 住民票を取る »

コメント

興味深いブログですね。
礼金に関しては、「100%あなたの言うとおり!!」と思います。

でも、ひとつだけ・・。
多くの場合、大家さんの既得権益だけではなく、
『不動産業者』の大切な利益になっているという
業界の仕組みがあります。。

だから、この慣習はなかなか消滅しないのではと感じます。
よろしければ、リンクをお願いいたします。

投稿: 建築屋FP | 2008.08.03 11:52

>建築屋FPさん

 コメントありがとうございます。
 大家さんだけではなくて、不動産屋さんの利益にもなっているんですか。すると礼金の何パーセントかは不動産屋さんに入る仕組みなんですね~
 すると、これはなかなか無くならないでしょうね。

 記事にTBさせていただきました(o^-')b

投稿: チェス | 2008.08.04 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 礼金とは:

« 1ヵ月分もったいない | トップページ | 住民票を取る »