« 炊飯器 | トップページ | 初踏み »

改めて初詣

 こんばんは、チェスです。

 「将来のウチのカミサン」がうちの両親に結婚の挨拶に来る、というので、ま、その前にどこかに初詣に行ってからウチに来てもらって、帰りは晩飯を食べて送るから、と言っておきました。

 正月から彼女にとっては緊張の午後になってしまったと思います。

 初詣は、もう正月も5日になったことだし、どこへ行っても大した混雑はないだろうと思いましたが、久しぶりに葛飾柴又の帝釈天に行ってみることにしました。

 土曜日の午前中は雲が広がっていましたが、昼過ぎから雲が切れてきて、晴れ渡りました。

 大した混雑はないであろうと思いましたが、いやしかし、京成電鉄金町線の唯一の途中駅、誠に小さな駅なのですが、この柴又駅前は、かなりの大混雑でした。駅前には、以前にはなかった、映画「男はつらいよ」の渥美清さんの銅像が立っていて、多くの人が渥美さんと写真に収まっておりました。

 帝釈天に来るのは、かなり久しぶりです。数十年前に亡くなった父方の祖父は、このお寺が好きで、良く一人で出かけては高木屋さんの草団子をお土産に買ってきてくれました。参道を歩いているとそんなことを思い出します。
 無事にお参りも済み、帰り道がまた大混雑。
 でも、これだけの人込みだと、どうしたって自然とがっちり手を握り合うことになりますねぇ。
 「手が冷たい~」
 あ~あ、確か遥かな昔、小学生のフォークダンスでも女の子に同じことを言われたっけ。

 彼女のご挨拶は無事に済みました。退院が延びてしまったためにまだ病院にいた父親のために、病院にも行ってくれた優しい彼女に感謝します。ウチの両親は、彼女を大変気に入ってくれた様です。

|

« 炊飯器 | トップページ | 初踏み »

コメント

彼女さんのご挨拶もすんだのですね。
良いなぁ、日帰りですむ距離。

我が家のダンナの実家は宮崎ですから、必然的に泊まりでした。
非常~に緊張したのを覚えていますです(^^;

投稿: 音胡 | 2008.01.05 23:05

>音胡さん

 音胡さんのご主人のご実家は、今話題の宮崎ですか。
 それじゃ大変でしたね。「将来のウチのカミサン」もさぞかし緊張しただろうとは思ったのですが、そんな風に見せないのは大したもんだ、と思いました。

投稿: チェス | 2008.01.06 10:54

こんばんは。

女性のほうが太っ腹です(笑)
私も岩手のトドさんの実家に行きました。
やはり日帰りできないので泊まりでした。
いろいろとお手伝いをしたのに
すっかりお客様状態なので恐縮してしまった(笑)

今年は結婚、15年目ですが…
いつでも手はずっと握ってます。
と~っても大事なことだよん(^_^)

投稿: 水夢イルカ | 2008.01.06 18:17

>水夢イルカさん
 あの、恐縮ですが、「太っ腹」の用法が少しだけズレていませんかねぇ。ニュアンスとしては「肝が据わっている」という事をおっしゃりたいのでは?
 混雑した人ごみに行けば、必然的に手をつながざるを得ない、ということが良くわかった次第です。どっかへいっちゃうもの。

投稿: チェス | 2008.01.06 21:37

そういえば、以前
『小学校の時にフォークダンスで「手が冷たい」と言われた・・・』と書いてましたよね。
いつでも手が「(ネチャっと)生暖かい」わたしは手が冷たい人に憧れます。
未来の奥様も「キャッ★手が冷たくてセクシー!」と思われたのでは?

帝釈天は我が家からも比較的近いので(自転車で行きます)
毎年、初詣はここに行きます。
今年はまだ行っていないのですが、この週末に七福神巡りでもしようかな。

投稿: フリッパー | 2008.01.08 01:12

>フリッパーさん

そうそう、良く覚えていて下さいました。フリッパーさんからコメントを頂戴したのですよね。お心遣いいただいたみたいですけど、せっかくつないだ手ならば暖かい方がありがたいのではないかと思って、思わずあやまってしまいましたけれどね。
帝釈天は凄く賑わっていましたね。久しぶりでしたが、良かったです。

投稿: チェス | 2008.01.08 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改めて初詣:

« 炊飯器 | トップページ | 初踏み »