« 第36回タートルマラソンのリザルト | トップページ | 語呂合わせ »

底なし

 こんばんは、チェスです。

 以前の記事で、赤福の問題発覚の件を書かせていただき、その記事中で小生はこう書いています。

>>事実、「赤福」には極めて良く似たライヴァルの「御福」という餅菓子があります。赤福がこうなってしまった以上、「御福」の方もどうだか怪しい、と疑いの目を向けられるのか、はたまた、「御福」はこの機会に一挙にシェア拡大に乗り出すのか

 御福餅の方も、なにやら随分前からやっていたのですねぇ。

 食品業界にとって、製造年月日の改竄などは「当然!」のことなのでしょうかね。

 次々と発覚していく問題。もうこの際だから、今のうちになにかやっている会社さんは、どさくさにまぎれて自己申告しておいた方がいいですよ。今だったら、「ああ、あそこも、そうですか~」みたいな感じで何となく過ぎてしまうのではないでしょうかね。もう、問題発覚が底なし状態です。

 今朝の東京新聞の記事だったかな。

 あと1ヵ月ちょっとで、日本中の洋菓子屋さんが書き入れ時となるクリスマスがやってきますが、例えば大手のヤマザキ製パンなど、注文のクリスマスケーキをイヴに間に合わせる様に焼く、などということは不可能なのです。
 で、どうするか、というと、予めスポンジ台などは焼いておいて、冷凍保存しておく。
 で、ギリギリになってからこれを解凍して、クリームなどを飾ってケーキにするわけです。
 特にそういうのは、反則!ということはなくて、毎年公然と行われているんですね。
 消費者の方も、クリスマスケーキは作り置きされている、ということは先刻承知していて、買っているのです。
 冷凍保存の技術が進んでいるので、それで味や風味は問題ないのですね。

 ま、そうすると赤福や御福、挽回の言い訳にならないのかな?
 いや、別に庇ってやろうとかいう気持ちではないのですけどね。

|

« 第36回タートルマラソンのリザルト | トップページ | 語呂合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 底なし:

« 第36回タートルマラソンのリザルト | トップページ | 語呂合わせ »