« 日本盲人マラソン大会 | トップページ | 第36回タートルマラソンのリザルト »

さて、お見合い

 こんばんは、チェスです。

 いよいよ、お見合い実践編です。
 出かけていって、お茶を飲んでお話すればいいだけのお見合いですが、なかなかそう簡単な話ではありません。
 でも世の中には、お見合い講座というか、必勝法というか、そういったサイトは星の数ほどありますから、本当にテンパっていてお見合いを控えている方は、そうしたサイトを熟読してくださいね。

 さて、いい歳をしてから、うれしハズカシのお見合いです。(十数年ぶりだな!)

 最初のお見合いのお相手とは、渋谷の某有名ホテルのラウンジでお会いしました。

 こういっちゃなんですが、小生あまり緊張するということが無い人間なのですが、さすがに今回最初のお見合いは緊張しました。
 緊張すると、小生の場合、只でさえ口から先に生まれてきたような人間なのに、更にしゃべり過ぎてしまうのですねぇ。
 この失敗をやらかしてしまいました。モロに・・・
 全体100%の時間のうち、70%くらいは小生がしゃべっていたのではないかなぁ。
 ある時間帯を切り出して、再生してみることができたとしたら、もうこれは独演会ですよ。

 帰りの電車の中で、既に「失敗した」という意識がありました。当然にして、このお相手からはお断りされました。ま、そうでしょうね~。

 この失敗から学んだことは色々ありましたが、一番大きいことは

「ちゃんと、言葉のキャッチボールをしないとダメ。時間は50:50になるように注意する。」

 これに尽きます。

 小生からのお見合い申し込みは、相変わらずに全敗で、誰一人として応じてくださる方はいらっしゃいませんでした(泣)が、幸いなことに女性からの「お見合いしてください」という申し込みは引き続きありましたから、次の方に「お見合いOK」のお返事をして、セッティングを依頼しました。

 ところがですねぇ~

 この2番目の方は、お仕事が非常に忙しいようで、小生が「最も近くの土日のどちらか」とお願いしているのに、それは無理らしく、スケジュールが空かないみたいで、お返事がかえってきません。
 申し込みをもらったので、OK出したら、今度はお見合いの日程が組めないのです。
 暫く待っていましたが、ラチが空かないので、痺れを切らしてこの方は保留に切り替えてしまいました。

 で、3番目に申し込みをいただいた方に「お見合いOK」の連絡をしたところ、早速にお見合い日程の回答があり、次の日曜日、丸の内のホテルで、と折り返しの連絡がありました。

 この日曜日は、奇しくも小生の45回目の誕生日でした。

 2回目のこともあり、前回の失敗を修正しようという意識もあって、口数を極力少なく(笑)しました。緊張も相当に緩和されていました。
  
 どんなことをしゃべったかなんて忘れてしまいましたが、前回の様に「失敗した!」という印象は少なくとも無かったのは確かです。
 登録されていたプロフィール写真より、実物ご本人の方がきれいだな~、という印象が残っていたこの女性からも「お付き合いしてみたいです」という前向きなお返事があり、以後暫くあれこれあちこちとお付き合いすることになるわけです。

 そのあたりの経過は、じつは「超短編小説風」に書いてきたとおりです。

 この人と来年春くらいに結婚しようと決めました。そうなったらそうなったで、色々大変ですけどね。

|

« 日本盲人マラソン大会 | トップページ | 第36回タートルマラソンのリザルト »

コメント

>この人と来年春くらいに結婚しようと決めました。そうなったらそうなったで、色々大変ですけどね。

 当然、相手のOKは出ているのでしょうね(^^;)

 プロポーズの言葉とかも、短編小説で書くのでしょうか? 電車男みたいに勝手にBLOGに書くとマズイだろうし・・・

 まあ、全て私の妄想でした・・というオチだけはやめて欲しい。

投稿: 苺天使ビル | 2007.10.30 00:03

>苺先生、よくわかりましたねぇ。

 全部私の妄想ですよ~

 なんちて・・・

 小説風にするのが面倒になったので、今後はもう実録「中年の結婚問題」に切り替えたくなっただけです。
 ご本人にはOKしてもらってますよ~。まだ相手のご両親には挨拶に行ってないけど。

投稿: チェス | 2007.10.30 07:34

おめでとう!

チェスさんは本当に素敵な旦那様に
なると思いますよ。
彼女も素敵な方で良かった良かった!!

投稿: 水夢イルカ | 2007.10.30 12:14

おめでとうございます!

チェスさんのお誕生日の日の事はよ~く覚えていますよ~。
出会いを大切に育み、お二人で少しずつ前に進んで
ご結婚を決意!素敵ですね~。
「短編風小説」では「良いお付き合いをされているのだな」と
いつも微笑みながら拝読させていただいていました。
(と思いつつも、結婚決意を発表されるまではコメントは控えてましたが)
わたしも嬉しいです~。

投稿: フリッパー | 2007.10.30 16:04

 そうだったのか・・全然気づかなかった

 でも、そう言えば10年ぐらいのネット上付き合いなのに今までになかった以下の兆候が・・

1)どう見てもスポーツ好きと思われなかったのに、いつの間にかスイミングやらマラソンやらを始めている

2)とても短編小説など書きそうにもなかったのに、いつのまにか書いている(少数の愛読者というのが、その人なのか?)

3)競馬関係の話が最近少なくなっている

 まあ、とりあえずおめでとうございます。

 まだまだ、入籍・挙式・披露宴・転居・新婚旅行などといろいろありますので、そのイベントを乗り越えて行ってください。

 しかし、こいつは一生結婚しないだろうと思っていた知人も40代で、たいがい結婚してしまう。あと手持ちの40代以上独身男は残り2名。

投稿: 苺天使ビル | 2007.10.30 21:19

>水夢イルカコーチ
 どうもありがとうございます。
 素敵な旦那様っていうか、うーん、練習会随一の恐妻家ってのがイメージなんですが(笑)それでもいいやって思えるのは問題ないのでしょうね。

>フリッパーさん
 どうもありがとうございます。
 奇しくも私の45回目の誕生日は、忙しく動いていまして、夕方お見合いが終わったら、上野のプールに舞い戻るという行動案だったのですが、意外に手間取り、上野に戻るのが遅くなってしまったのですよ。その節は失礼しました。
 近い将来の「ウチのカミさん」と、フリッパーさんとはお誕生日が僅かに1日違いなんですよね。(歳も同じ)

>苺先生
 とりあえずですか~、まぁ、まだまだイヴェントはありますからね。勝負は下駄を履くまでわかりません。
 あと約半年、各イヴェントを粛々と進めてまいる所存です。

投稿: チェス | 2007.10.30 23:04

>まだ相手のご両親には挨拶に行ってないけど

 最近、娘の結婚相手が挨拶に来たときの父親の不満(私の周囲からのヒヤリングによる)

1)既に孫まで手回し良く出来ちゃってた
2)酒が全然飲めないヤツだった!(飲んべえのオヤジより)
3)自分より年上だった
4)フリーターだった(教職免許挑戦中だが)

 てなとこです。(2)は、該当するのでは? 

投稿: 苺天使ビル | 2007.10.31 18:26

>苺先生

 それが何か?

投稿: チェス | 2007.10.31 22:50

チェスさん、
すっかり出遅れてしまいましたが、おめでとうございます。短編小説風のお話は、毎日の記事と雰囲気が違うなあと思っていましたが、そういうことだったんですね~。
何しろおめでとうございます!どうか末永くお幸せに!

投稿: とらいでんと | 2007.11.01 22:49

>とらいでんとさん
 どうもありがとうございます。
 ええ、「超短編小説風」は結論から言えば、限りなく事実に近いエピソードに、若干のホラと脚色を施して書いてみたという備忘録みたいなもんです。雰囲気が違って一部の皆様にはお楽しみいただけたのではないかと。
 まだネタが続きますが、もうバラしてしまったので、続きを書き続けられなくなりましたねぇ。次回くらいで連載終了にする予定です。
 まだまだ色々あると思いますけど、何とか頑張っていきたいと思います。
 

投稿: チェス | 2007.11.02 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて、お見合い:

« 日本盲人マラソン大会 | トップページ | 第36回タートルマラソンのリザルト »