« アイルランド音楽 | トップページ | 下垂体の残党手強い »

お見合いのチャンスをつかむためには

 こんばんは、チェスです。

 前回の記事から、なんと1ヵ月近くも空いてしまいました。それだけ間があいてしまうと、またしても当然のことながら、前回何を言いたくて、どんなことを書いたか忘れてしまっています。で、読み直しです。

 そうそう、準備整って、自分のプロフィールも登録し、それではいよいよお相手を検索して、これぞという方へお見合いの申し込みをしていく、という所で終わっていました。

 ですが、大事なことを書き落としていました。それは登録する「自分のプロフィール」です。

 先程は、こちらからのお見合いのお相手探し、という観点で書きましたけれど、登録するプロフィールというのは、当たり前の話ですが、お相手の方も読むわけです。
 このプロフィールは、ですから非常に大事なわけです。写真も大事ですが、こっちも大事。

 もろもろの条件(個人のデータもですね)というのは、こいつはもうどうしようもありません。なるべく良く見せるために様々な「粉飾決算」を施したとしても、そんなのは簡単にバレますし、だいたいバレたときのダメージを考えたら、普通の人ならそんなことはしないで、極力正直に書くのがよろしい。身長や年収でハネられてしまうこともあるでしょうが、それは最初から「ムダな出会い」をフィルタリングすることで、時間を有効に使えるのだと割り切りましょう。
 条件を正直に記載するのは、だから仕方ない。でも、それ以外のところ、例えば「お相手に望むこと」とか、「自分のアピール」や「結婚へ希望すること」などは、うんと知恵を絞って、頭を捻って考え抜いた文句を連ねましょう。
 だって、只でさえ「できれば、いや、どうしても結婚したい、なるべく早くに」とテンパっている人たちばかりがいる中で(中にはそうでない人もいるでしょうが)ありきたりなことを書いていては、余程の好条件を持っているならいざ知らず、並の男(女)では間違いなく「書類審査落ち」です。
 ここを読んで、前向き~、熱意が感じられる、ちょっと会ってもいいかも、と思ってもらえるようにしませんと、リアルのお見合いには行かない(行けない)のです。厳しい世界なのです。

 さぁ、それでは話を元に戻して、お見合いの相手探し。

 色々な条件で、検索ができます。入会して2週間以内の人(いわゆる新人さんはモテます。)、地域、勿論年収、身長、体重、親との同居の有無、特定の趣味があるかどうかなど、そりゃもう小生の様にサーチャーの仕事もしていますと、検索だけで面白くなってしまいます。

 ヒット数が多すぎると、個人のデータを読んでいくのが大変なので、もうちょっと絞ろうとか、色々と考えながら候補者を絞っていきます。10名くらいに絞ったところで、一人ひとりのデータを吟味していき、これはと思う人に、お見合いの申し込みをしていくわけですね。
 この作業はなかなか楽しいです。妄想も膨らみますしね。が、しかし、楽しいのは最初のうちだけなのです。

 前に書きましたでしょ。余程の好条件を持っている人ならいざしらず、普通に埋没してしまうような並の条件で、容姿の方もこれといってサエない小生の如き人間ですと、こいつがいくら「お見合いして下さい~」と申し込みの入札を入れても、それに応じてくれる奇特な方というのは、そうそういらっしゃらないのであります。

 さぁ、どーするドースル?、ということで、次回を待て。

|

« アイルランド音楽 | トップページ | 下垂体の残党手強い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見合いのチャンスをつかむためには:

« アイルランド音楽 | トップページ | 下垂体の残党手強い »