« 納税証明書 | トップページ | 立つ瀬が無い »

コーヒーショップにて

 こんばんは、チェスです。

 本日は、超短編小説風でいきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ボクは、目の前の、たった今彼女が飲んで中身が半分ほどになった、カプチーノのカップの縁が、僅かにヴァーミリオンに染まっているのを見ながら、思い付いたことを口にしてみた。

 あのね、怒らないで聞いてくれる。
 ひょっとして、キミは○○なんじゃないの?

 理由とか根拠とか、そんなものはまるでない。何となく、そう思っただけだけど、訊いてみた。

「ええーっ!」(あれ?この反応だと?)

「どうして?いつ、どこでそう思ったんですか?」(図星なのかあ)

 うーん、いや、まぁ、何となく。

「どうしてわかっちゃったのかなぁ。あっ、こないだのクルマの中ですか?」

 えっ?そんなことないですよ。

「何かそんな素振り見せちゃったかなぁ・・・そうです。実は○○です。」

 気にしないで下さいよ。実はボクも結構○○です。そう悪いことじゃないですよ。

 そう言い繕いながら、ビリー・ジョエルの名曲の最後の一節が頭の中を流れた。

  I love you just the way you are

 いつもこう、ありたいよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ちょっとばかり気障な話でしたでしょうか。

|

« 納税証明書 | トップページ | 立つ瀬が無い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーショップにて:

« 納税証明書 | トップページ | 立つ瀬が無い »