« 夕食の量 | トップページ | 真剣交際? »

そのままおつなぎします

 こんばんは、チェスです。

 昨日日曜日は、やはりいささかオーバーワーク気味であったのか、週明け月曜日の午前中はちょっと疲れが抜けていないというか、だるい感じが残ってしまいました。
 もう若くは無い歳なのだから、運動に無理は禁物。ほどほどのところで翌日まで疲れを持ち越さないようにしなくちゃなぁ、とは思うのですが、面白くなってしまうとついつい・・

 大抵月曜日というのは、忙しくなることが多いのですが、今日もそれに洩れずに、今日中に結論を出して連絡しなくてはいけないこと、7月半ばには期限の来る問題に、ある程度目処付けをしなくてはいけないこと、本日になって新たに発生した問題など、優先順位をつけていかないと、うっかりすると着手を忘れるということになりかねない状況になりました。

 それでも、最低限はクリアしないといけない線はなんとか片付き、しかし他に心配事が発生してしまったので、スポーツクラブのプールで泳ぐ気にはなれずに、お風呂だけ浸かって帰宅しました。

 帰りの電車で、中吊り広告「そのままおつなぎします DIAL104」が目に飛び込んできました。現在はインターネットという極めて便利なものがありますから、家や会社にいる限りは、電話番号が分からなくて困るという事態にはならなくなりましたが、一と昔前までは、この電話番号案内サービス104のお世話にならない人はいないのではないか、と思うくらい、104ほど周知されていて便利なサービスはないでしょう。極端な話、119へダイヤルしたことが無い人でも、104の方にはお世話になっているのではないでしょうか。

 で、この中吊り広告によれば「そのままおつなぎします」ですから、

 すみませんが台東区○○町の、チェス軒というラーメン屋さんを・・
「ハイ、台東区○○町、チェス軒ですね。おつなぎいたしますので、そのままお待ち下さい。」

 という具合になって、いちいちメモを取る必要がなくなる、という話なのかもしれません。
 あるいは、番号は一応教えてくれて、
「そのままおつなぎいたしますが、よろしいですか?」
 と聞いてから、相手先へ繋いでくれるのかもしれません。
 いずれにしても、大変便利な話には違いありません。どうして番号案内サービスを使うのかと言えば、それは当然そこへ電話をかける必要があるからで、だからこれまでは、右手に持っていた受話器をあわてて左手に持ち替えて、手近にメモ用紙がなければ、何でもかける紙などにアナウンスされる番号を書き写し(慌て者は、ここで書き間違えが発生するリスクあり)、一旦通話を切ってから、自分の書いた殴り書きのメモを見ながらダイヤルする、と、これだけの手間がかかるところを、一挙に相手先へ繋いでくれたら、そりゃ便利に違いありません。

 こんな基本的なことが、どうして今までほおって置かれたのかな、と思うくらいですね。

 NTTも分割されて、顧客の満足ということにようやく気が付いたのでしょうかね。

|

« 夕食の量 | トップページ | 真剣交際? »

コメント

始めまして。kazuと申します。一般の方の104の新しいサービスについての受け取り方の一つそして参考にさせて頂きました。
ぁ、私はNTTの関係の者ではありません。では、なぜかと言いますと、ある商業施設ビルの保守、管理の仕事をしています。最近のまぁまぁの規模のビルですと独自の電話交換機を持っています。そして、各テナント等の電話の通話料金の管理もしております。ここで、課金(通話料金の収集作業)作業に支障をきたしてしまう事になりました。おそらく全国的にこれに対応するには頭を抱えているでしょう。私どもの所では、様子を見て、104の使用頻度が多ければ、104に接続出来ないようにする予定です。
理由は、104へ接続し、案内をしてもらうと60円かかります。その後、そのまま接続をしてもらうと30円かかります。その後の通話料金も今までと違った課金をされます。ご覧になられた中吊りにその旨は書かれていたのでしょうかね??
で、自社の電話交換機で課金するには、104へ発信した記録しか残りません。その後104へかけられた方が、そのまま繋いでもらったのか、又、何分通話をしていたのかは、自社の交換機のデーターには全く残らないのです。つまり104経由、60円で使いたい放題になってしまうという事です。
初めてで申し訳ありませんでした、中吊りの広告に課金の事がかいてあったのかな??又、実はこんな弊害もあるんです。という事がいいたかったのです。失礼しました。

投稿: kazu | 2007.07.04 13:19

 こんにちは、はじめまして、kazuさん。
 小生が読んだ中吊り広告は、何分秋葉原~浅草橋の1駅2分間でしたから、「今までと違った課金」について書かれていたかどうかは不明です。隅々まで読めばあるいは書かれていたかもしれませんが、中吊り広告ですから、そんなに詳細なことは書かれていなかったかもしれません。
 弊害とおっしゃいますが、個人で104を使う分には関係の無いお話ですよね。しかし、個人であっても

(1)番号案内だけ利用して、一旦通話を切り、改めてかけ直す。
(2)104経由でそのまま繋いでもらい、通話。

 上記で、本来の通話にかかる時間が同じなのにもかかわらず、(今は通信自由化で色々な「マイライン」があるから)(2)だと強制的にNTT各社の回線を使うことになり、場合によっては割高になる、というケースがありうるのかな?まぁ、直接繋がる利便性により、自社の売上を少しでも稼ごうというのがNTT各社の思惑ってことなのかな。
 kazuさんのお仕事ですと、確かに104へは繋がらないようにすることがもっとも簡単な対応ということになりますね。

投稿: チェス | 2007.07.04 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのままおつなぎします:

« 夕食の量 | トップページ | 真剣交際? »