« サービス業とはこういうものか! | トップページ | ホントですか? »

声にヨワい

 こんばんは、チェスです。

 週に何回かは、スポーツクラブの帰りに必ず立ち寄る、上野駅の「さぬきうどん」。
 ここのおうどんが美味しいというのが、無論最大の理由ですが、実は他にもこのお店が好きな理由があるのを、カミングアウトしてしまいます。

 時々、レジを担当している女性がおられます。年齢的にみて正社員のスタッフではなく、たぶんパートさんという立場だろうと推測しますが、この方が好きなのです。

 と書くと、愛の告白になってしまいますが、これはちと正確ではなくて、この方の「声」が好きなのです。

 元々、女性の声は男性に比較して高いです。子供や若い女性は特に高く、中学生くらいの女の子が数人、学校帰りにおしゃべりしながら帰っている時の声など、あまりに甲高くて、ちょっと側には寄れないくらいです。(もっとも用も無いのにフラフラと寄って行ったら、それはそれで怪しい奴)

 が、もうちょっと年齢的に落ち着いてくると、女性の声は角が取れて丸くなり、人によっては寧ろ可愛らしい感じに聞こえてきます。甲高さが消えて、コロコロと転がるような優しい声とでも言いましょうか。
 ある特定の周波数の女性の声に弱い、ということになると、これは「声フェチ」なんだとか、若しくは「あの声は萌え~」という表現を使ってもかまわないのでしょうかね?
 フェチだの萌えだのは、用法正確にしておかないと、またぞろあらぬ誤解を受けそうな気もいたします。

|

« サービス業とはこういうものか! | トップページ | ホントですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声にヨワい:

« サービス業とはこういうものか! | トップページ | ホントですか? »