« 何故か無い | トップページ | 歩きタバコ対策 »

電車で忘れ物を見つけたら

 こんばんは、チェスです。

 帰宅というか、上野へ向かう京浜東北線南行電車に乗り、空いている車内で座席に腰を下ろし、上中里の駅を過ぎると、京浜東北線は一旦高架線となって上がります。これが割合結構な高さで、昼間は特にそんなことは感じませんが、夜、荒川区の町並みの夜景を眺めていると、この高架線を走っているあたりから、平地の田端への降りていく感じは、ちょっと「羽田空港へ着陸寸前の航空機の窓からの眺め」を連想するものがあります。

 なんていうことをほんのちょっとだけ考えていると、目の前の座席の頭の上の荷物が気になりました。確か、目の前に座っている人は、小生と同じタイミングでこの電車に乗って、あの座席に座ったと思うけれども、網棚に何か荷物を置いただろうか・・?
 何となくの記憶では、荷物を置くような動作は無かった様に思います。

 が、特に注意して見ていなかったので、やや自信はありません。

 観察してみると、鞄の様な類ではなく、細長いペーパーバッグ状の様に見えます。それに、薄い読み終えた雑誌が上に乗っているみたいです。
 あんな紙袋は、あまり見たことがありませんが、強いていうならば上等なお酒などを買った時に、専用の紐の手提げ付きの紙袋に入れてくれると思いますが、そんな感じ。

 忘れ物であるならば、一旦保護して、駅で駅員さんに引き渡すのが良いのかと思いますが、私の記憶違いで、今座っている人の持ち物だったら、ヤバい行いになってしまいます。
 そうこうするうちに、上野に着いてしまいましたので、電車を降りました。

 謎の忘れ物に思い悩んでいたので、電車が着くのが異常に早く感じました。

|

« 何故か無い | トップページ | 歩きタバコ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車で忘れ物を見つけたら:

« 何故か無い | トップページ | 歩きタバコ対策 »