« Google Earth | トップページ | アルミホイールを洗う »

東京競馬場グランドオープン

 こんばんは、チェスです。

 東京競馬場に行ってきました。

 東京競馬場~競馬ファンにとっては「府中」の名前の方が良く知られている、関東地区の、いやいや、日本における中央競馬の中心地と言ってもよい歴史と伝統のある、そして日本ダービーを始めとする多くのG1レースが開催される競馬場です。
 この東京競馬場は、これまで大きなメインスタンドと、4コーナー寄りに新設された「メモリアル60」というガラス貼りのスタンドの2つで構成されていましたが、メインスタンドの方を一新する大工事が数年前から始まり、いくつかの新しいスタンドが部分的にオープンしていきました。
 そして今年、2007年の2回東京開催において、メインスタンドの全ての建替え工事が終了して「グランドオープン」ということになりました。
 最後に出来た新しいスタンドの名前は、一般公募により「フジビュースタンド」という名称に決定しました。良く晴れた日、東京競馬場から西を望むと、丹沢の山々の向こうに雪を頂いた富士山を見ることができます。そこから取られた名前であることは明らかですが、中々良い名前だと思います。

 グランドオープン記念ということで、最後に出来た新設のB指定席が抽選で無料招待してくれることになり、小生の愚弟が抽選に当たって、連れて行ってもらったというわけです。

 新設B指定席のスタンドは、ガラス貼りではない、風を感じることができるスタンドになっています。位置的には目の前に、ゴール板まで残り200mのハロン棒があるあたり、これも新しい東京競馬場の名物になっている、超巨大なターフビジョンの前になります。直線の坂を上りきったあたり、と言えばいいのでしょうか。

 2人づつのシートは劇場式の跳ね上げ式の椅子になっていて、机の中央に切替のできる小さなモニターが取り付けてあります。他の競馬場の中継や、パドック周回の模様、そしてオッズの画面など、色々と切り替えて見る事ができて、大変便利です。

 この新しいB指定席のできたフロアには、普通のメニュー豊富なレストランと、イタリアンレストランが入っていました。混雑具合からイタリアンレストランの方に入ったのですが、これが大失敗でした。厨房も、ホール係りもオープン3日目(つまり第2週目の土曜日ということ)ということで慣れていないのでしょうが、何しろ全てが効率が悪くて、遅い。
 何やら責任者の人に怒鳴っている客がいましたが、どうも焦げ付いた肉を出されて文句を言っている様でした。我々は、空席にはすぐに座れたのですが、お冷もでてこない、食券も取りに来ないという状態が長々と続き、やっとオーダーが通ったと思ったら、今度は料理が中々出てこない。やっと出てきたと思ったら、フォークやナイフが無い、という有様で、こんな調子では(この店には二度と来るか)とみんな思うでしょう。

 小生も、馬券作戦がすっかり狂ってしまい、荒れ気味のレース結果でヒモを押えられずに万馬券を取りそこなうなど、連敗街道を驀進しましたが、最終レースでようやく的中し、何とか負けを減らすことに成功しました。
 素晴らしい競馬場になったのは、確かなんですがね。

|

« Google Earth | トップページ | アルミホイールを洗う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京競馬場グランドオープン:

« Google Earth | トップページ | アルミホイールを洗う »