« 『るきさん』(高野文子) | トップページ | 碁を打つ »

助産師

 こんばんは、チェスです。

 小生の家からみると、はす向かいと言ってよい位置にあるビルに、暫く前にある社団法人がお引っ越ししてきました。夜になると小生の部屋に、電飾看板とでもいうのかな、白い文字が明るい看板から光が入ってきます。
 その社団法人というのが「日本助産師会」。

 助産師というのは、言うまでも無く女性の出産・分娩のお手伝いをする国家資格を持ったプロの事ですね。

 妊娠して、出産間近となると、産婦人科医が経営する個人病院や、産婦人科のある総合病院に入院する、というのが一般的なのかもしれませんが、小生が生まれた昭和30年代などはお産婆さん(と昔は言っていたそうです)に自宅に来てもらって、自宅で出産される方も多く、小生の母親も、小生をそのスタイルで生んだそうです。
 その後は次第に産婦人科医院や大きな病院での出産が主流になっていったのですが、最近は、再び「自然な出産」というのが注目されるようになり、助産師さんと自宅で出産という方も増えてきたのだとか。

 あのビルでは、日本全国の助産師さんに情報提供とか研修とか、そういった活動をしているのでしょうね。

 ところで、産婦人科医も看護師も男女の区別はありませんが(どちらもOK)、助産師だけは、この資格をとるための試験は、女性しか受験資格はないのだそうです。こいつは何か問題にはならないのでしょうかね。

|

« 『るきさん』(高野文子) | トップページ | 碁を打つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 助産師:

« 『るきさん』(高野文子) | トップページ | 碁を打つ »