« 日本平桜マラソン(10kmの部) | トップページ | 日本平をヒルクライム!(2) »

日本平をヒルクライム!(1)

 こんばんは、チェスです。

 日曜日に参加してきました「日本平桜マラソン」のルポを2回に分けて書かせていただきます。

 開催地は、静岡県の県草薙総合運動公園の中にある、陸上競技場。
 朝7時30分からの受付で、8時50分には受付が終了し、9時20分には23kmのレースがスタートしてしまいます。どうやって行こうか迷いましたが、結局あちらでの足となってくれる愛車プジョリーヌで行くことにしました。
 朝5時に起きて、5時30分頃に出発。首都高~東名高速と、問題なく流れて、どうやら受付には余裕をもって間に合いそうだ、と思い始めた頃、事故が発生したばかりの現場を通過しました。高速隊のパトカーが到着したばかりで、なぜだかわかりませんが、走行車線の真ん中に人間らしい姿が横たわって動きません。えらいものを見てしまいました。

 ま、それは安全運転への警鐘という事だと思いまして、富士川SAで朝食。

 ナビ江のサポートに若干の疑問はありましたが、まぁどうやら到着。しかし総合運動公園の駐車場は既に一杯とかで、少し離れている臨時駐車場へプジョリーヌを駐車しました。

 大会会場で無事に受付を終了し、今回参加の「水夢王国」練習会のカズンコーチやたかちゃん、カズンコーチのご友人や、ご友人と伴走をしてくれる方と合流できました。
 お天気は見事に晴れ渡り、気温はぐんぐんと上昇して、20℃を越える温度です。

 やがて、開会式の後、9時20分に23.4kmのレースがスタートします。
 競技場トラックのそばにはブラスバンドが出てマーチを演奏しています。なんだか、競馬のG1レースの如き雰囲気です。

 23.4kmというのはハーフマラソンより少しばかり長く、なんだかハンパな距離ですが、コース設定上止むを得ないのでしょう。海抜280mの日本平山頂まで、ほとんど一気に上って、同じ様に下り、残り8kmほどを概ね平坦な道を走るという結構過酷なコースです。関門が3箇所ありますから、それなりに頑張らないと最後尾車両につかまってしまいます。

 さて、23.4kmスタートの15分後に、私やカズンコーチのご友人が走る10kmレースです。
 往きの5kmで200m近くを上がります。競技場を出て、日本平動物園の入り口脇を過ぎると、すぐに上り坂です。この日は何せ直射日光がきつくて、暑さで体力をつかいます。
 5kmレースの折り返し地点、つまり2.5km上がったあたりで給水があり、スポーツドリンク、お水、お水を含ませたスポンジが供されていました。
 当然頂戴しましたが、水をもらうつもりがスポーツドリンクを飲んでしまい、これは少しのどが渇くことになりました。
 更に勾配はきつくなり、ペースが落ちた人や歩いてしまった人を追い抜いていきます。やがて23.5kmレースの最後尾車両(陸上自衛隊のごついクルマ)が見えてきて、これも抜きます。

 少し勾配がゆるくなったかな、と思ったあたりで、ようやく折り返し点。5km地点です。

|

« 日本平桜マラソン(10kmの部) | トップページ | 日本平をヒルクライム!(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本平をヒルクライム!(1):

« 日本平桜マラソン(10kmの部) | トップページ | 日本平をヒルクライム!(2) »