« 洞爺湖サミット | トップページ | エントリー期限が過ぎていた! »

コンビニおにぎりの思い出

 こんばんは、チェスです。

 会社からの帰宅途中に、上野のスポーツクラブに寄るというのがすっかり定例のルートになりました。それはいいのですが、夜9時頃まで食べていないというのはちょっと運動するにはつらいので、何か軽く食べてから上野に寄る、というのも習慣になっています。

 最も多いのは、おにぎり1個です。

 何といっても美味しいですし、中に入っている具や、ご飯そのもののバリエーションも多いので飽きないですし、すぐに食べられますし、安いですし、と理由はいくらでもつけられます。

 本日も、王子のスーパーに寄って、1個90円にまで値下がりしていたおにぎりを2個買って(1個は明日食べる予定・・まぁ1日位はどうってことなかろう)そのうちの1個を歩きながらお腹の中に入れてしまいました。

 コンビニで売っているのも、スーパーで売っているおにぎりも同じ様なものですが、あのおにぎりの包装を考案した人は天才だと思いますね。
 今を去ること20年以上昔、会社に入ったばかりの頃、既にしてあのおにぎりの包装が登場していました。
 お昼ご飯に、コンビニで買ってきたおにぎりを食べようとして、実は当時の小生は、あのおにぎりの「開け方」を知らなかったのです。ビニールの包装をテープを外してバラバラにして、でてきたご飯を海苔に巻き直して食べていると、それを見ていた先輩社員に笑われました。というか、その人も最近おにぎりの開け方を覚えたので、教えたがっていたみたいだというのが真相だったのですが。

 三角形のおにぎりの、頂上にあたる部分についているテープをまずは引っ張っておいて、次に横の両側を両手で持って、それぞれ左右に引っ張ると、ほうらこのとおり、海苔にまかれたおにぎりが見事に出現、と教えてくれましたっけ。
 本日、歩きながらおにぎりの包装をちゃっちゃと外していて、いつもこの一件を思い出してしまいます。この包装を考え付いた人は正しく天才だ、と。

|

« 洞爺湖サミット | トップページ | エントリー期限が過ぎていた! »

コメント

あぁ、先日、そのおにぎりの素晴らしい包装を無視して、がむしゃらに開いたのはワタシです。
海苔も少々破けてしまいました・・・

で、あの包装は特許なり実用新案なり取ったのでしょうか?
興味津々。

投稿: 君 | 2007.04.27 18:53

 こんばんは、チェスです。
 そうそう、君 さんが少し遅めのご昼食を、おにぎりで摂られていた時に、はなはだ失礼にも包装の解き方に注目させていただいていましたっけ。小生の20数年前の出来事はトラウマになっているのだ・・と哀れんでやって下さいね。

 おにぎりの包装方法、「方法」の場合であれば、これは特許しかありえず、実用新案はダメなんですね。実用新案の対象になるのは「物品の形状、構造、組み合わせに関する考案」ですので、プロセスなどに特徴がある方法は実用新案が取れないのです。でも方法ではなくて包装の形状とか、包装紙の組み合わせなら取れるかな~。
 いずれにしても、時間的なことを考えると、権利はもう切れていてあの包装はどこでも自由に使える筈ですけどね。

投稿: チェス | 2007.04.27 22:08

引き抜き部の形状と、海苔を挟んだ2重の包装形態の組み合わせに特色が・・・なんて考えていました。
GWを前に、特許2件の権利維持をあきらめたばかりで、ついつい思考がそちらの方に。
企業に属しての発明も、結構お小遣いを生み出すのです。

投稿: 君 | 2007.04.28 00:02

 君 さん、おはようございます。

 権利維持のための年金納付は3年ごとに倍額になりますからねぇ。
 ひたすら特許庁が儲かるようにできている。うまく考えたもんですよねぇ。
 発明者への補償金がお小遣いになるほど、君さんは特許を出願されているんですなぁ。羨ましいです。

投稿: チェス | 2007.04.28 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニおにぎりの思い出:

« 洞爺湖サミット | トップページ | エントリー期限が過ぎていた! »