« 利き手・・とは違うかもしれないけど | トップページ | 道草 »

株式投資

 こんばんは、チェスです。

 日本の会社は、株式会社として株式を公開していても、その多くはいわゆる「持ち合い」として、例えば主力銀行(メインバンクという奴ですな)や、大手の取引先が大株主となっていて、株式の大量取得によって企業を買収してしまう、という事例は少なかったのです。

 しかし、ここ数年、グローバルスタンダードという奴でしょうか?
 「株式の大量買付けによる敵対的な企業合併」というのが少なからず発生するようになりました。

 小生は、経済学者ではないので、その流れについての云々を語る資格がありませんが、従来の「会社の役員・従業員のもの」であった会社という存在が、「株主のもの」という具合に大きくシフトしてきたのは否定できません。

 まぁ、そうしたマクロな流れとは別に、個人投資家が資産運用の手段として、株式投資を活用してきたという事は別段変わることはないでしょう。
 ささやかや経験ではありますが、小生も過去何回かの株式投資を経験して、株主優待制度という奴(これが実はかなり大きなメリットですが)を享受したり、いい売り時を捉えてキャピタルゲインをいただいたりしました。勿論その会社が毎年大きな配当を出してくれるならば、それはそれでありがたいことですが、単元株×2程度の泡沫株主(という言葉があるかどうかは知らんが)にとっては、売買差益が最も重要でありますね。

 何せ、銀行預金の利息が未だに情けないほどのものである限り、定期預金などというものは「資産運用」にはなり得ません。ただ、株式投資の方が魅力があっても、当然それに見合うリスクも大きいのは確かで、株券が紙くず同然になってしまう可能性は常にあるわけです。そこは結局、自己責任ということに落ち着く訳です。
 自己責任ではあるのですが、投資をしようと思った会社がみつかれば、当然に公開されている各種の決算資料の意味は分かった方がいいですし、それらの勉強をしたほうがいいに決まっている。
 となれば、株式投資はリスクはあるものの、経済の一面を理解する術にはなりますよ。

|

« 利き手・・とは違うかもしれないけど | トップページ | 道草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株式投資:

» 売り時 株式投資 [みずほ銀行 と 新生銀行 と ファイナンシャルインテリジェンス]
実は、売り時は買い時よりも簡単 今回ご紹介したような、長期の投資の場合、売り時はほとんど気にして [続きを読む]

受信: 2007.02.05 18:57

» 外貨預金はダメ!! [みずほ銀行 と 新生銀行 と ファイナンシャルインテリジェンス]
外貨預金よりも、圧倒的に手数料の安い外貨投資があることをご存知でしたか? 異なる銀行の外貨預金を比較している場合じゃありませんよ!! [続きを読む]

受信: 2007.02.05 19:19

» 消費税「上げない可能性も」=円安、安定的推移望ましい-安倍首相 [最新投資情報をリアルタイムに提供!!]
消費税「上げない可能性も」=円安、安定的推移望ましい-安倍首相時事通信歳出をもっと切り込める」と述べ、歳出削減の徹底で税率を据え置くこともあり得るとの考えを示した。為替相場で円安が進行していることに関しては、「安定的に推移していくことが望ましい。為替は日本経済のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を反映するのが...続きこのトピックに関する記事をすべて表示する:続き...... [続きを読む]

受信: 2007.07.07 10:14

» 株式投資の成功とマクロとミクロ [株式投資日記も参考に株式国際投資や株式情報!初心者もやってみよう!]
株式投資で成功する秘訣は、人気のある企業の株を買うことではない。これから成長して... [続きを読む]

受信: 2007.07.10 09:33

« 利き手・・とは違うかもしれないけど | トップページ | 道草 »