« やっと走る ~皆様良いお年を~ | トップページ | 父・宮脇俊三への旅 »

今年は猪突猛進で!?

 こんばんは、チェスです。

 昨年の大晦日・まだ昨日の事ですけれども、の、ランニング練習の後遺症で、今日は大腿部の筋肉痛を覚えますので、特に運動はせずにひたすら大人しくしている元日です。

 遅くなりましたが、我がブログを読んでくださる大変ありがたいリーダーの皆様、2007年明けましておめでとうございます。今年も、可能な限り(システムのメンテナンス時は勘弁してくださいね~)毎日の更新を心がけますので、何卒「タネがいっぱい」をご贔屓の程、お願いいたします。

 歩いて30秒ほどのところにある「鳥越神社」に初詣でに行こうと考えて、「出さなかったが、頂いてしまった年賀状」に慌ててお返事を書き、これを投函し序でに、と思ってちょっと外に出たのですが、どうせ近所の鳥越神社、とナメてかかったら、これがとんでもない、参詣の人の列が蔵前橋通りにまで繋がっています。我が鳥越神社へお参りするのに列に並ぶ、などという事態は想定していないので、年賀状投函の序でに初詣、という計画は脆くも崩れて、初詣は諦めて早々に帰宅しました。

 ところで、今年は亥年。動物の方は「いのしし」をあてていますね。

 いのししに関する慣用句で、特に有名なのが「猪突猛進」で、2番目以降が思いつかないほど、この慣用句は有名です。このため、年賀状などの文句に
「今年は猪突猛進の勢いで、なんでも頑張ります!」などと書かれた方が10万人位はいらっしゃるのではないかと想像いたしますです。
 でも、これ、実はネガティヴな意味もあるのですよね。
 様子を見ないで、後先考えずに、兎に角勢いだけで突っ走る、だからまぁ、そそっかしいというか、思慮分別がちょっと足りないとか、そんなマイナスイメージがございます。

 勿論、年賀状などに書く場合には、良い意味=「猛烈な勢いで物事に取り組む」=で書いているに違いないですけれどもね。
 言ってみれば、この日本在来の野生動物は、そんな捉え方しかされていないのかなぁと、いのししが聞いたらさぞかし寂しい思いをするに違いない、と思った次第であります。

|

« やっと走る ~皆様良いお年を~ | トップページ | 父・宮脇俊三への旅 »

コメント

あけましておめでとうございます。

あ~、僕も使いました。『猪突猛泳』ってね。某メーカーのスイムキャップのデザインでもみた覚えあるけど、まあイメージにピッタリではないかと(笑)。

短距離はイノシシよろしく勢いだけでも突っ走れるけど、距離が長くなるとそうもいきませんね。確かに思慮が必要になってきそうに思います。どちらもちゃんとこなせるようにしたいなぁ。

今年もよろしくお願いします。

投稿: いんてご | 2007.01.02 10:40

 いんてごさん、早速のコメントありがとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>

 「猪突猛泳」ね!パワフルないんてごさんの泳ぎのイメージにぴったりですわね。でも昨年は、遠泳大会などオープンウォーターの大会に大活躍されたいんてごさんは、むしろ強力な長距離スイマーでもあるのですよね!距離を問わずの万能選手、今年は更なる飛躍を!

投稿: チェス | 2007.01.02 11:55

チェスさん!あけましておめでとうございます\(~o~)/
昨年は(も!)大変お世話になりましたo(_ _*)o
今年も、仲良く☆宜しくお願いします☆。.:*:・'゜

そう!!私、本当に「猪突猛進」な行動を取ること多くて!!
まさに!こちらの方です⇒「後先考えずに、兎に角勢いだけで突っ走る…」まぁ、これで、良い事もあったりもしましたけど!!
いのしし年では、ないのですが、この性格、治りそうにないなぁ~(笑)
あっ!妹と、美嘉ちゃんが年女なんです!!関係ないですね…(笑)

投稿: PAN | 2007.01.03 22:26

 PANちゃん、あけましておめでとうございます!昨年は(も!)本当に色々お世話になりました。今年も仲良くしてやって下さい。
 できればステップなど教えていただけれると助かります。(汗)

 そうですね、確かに勢いで突っ走るPANちゃんを度々見せていただいております。しかしそこが良いところで、突っ走っている時のPANちゃんは実に活き活きとしていますから、長所と考えていいと思います。
 私の母親も亥年ですから、中島さんや妹さんと同じです・・うーん関係なかったですね。

投稿: チェス | 2007.01.04 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は猪突猛進で!?:

« やっと走る ~皆様良いお年を~ | トップページ | 父・宮脇俊三への旅 »