« カフェミスト | トップページ | 関空 BrightlyPath »

どうする有馬記念

 こんばんは、チェスです。

 本日は、普通の土曜日ではなくて、天皇誕生日。このため、J-G1「中山大障害」が開催された中山競馬場は、いつもの土曜日開催に比べて異常に多い人出であった、と、このレースを見に行った小生の弟から聞きました。

 そして明日は、世間的にも注目を集めている有馬記念。言うまでも無いですが、平成の最強馬「ディープインパクト」が競馬場のコースを走るのは、明日が最後。

 ただ、ディープインパクトが凱旋門賞に出走した時には、純粋に彼を応援できましたし、失意の失格となってしまって、国内復帰戦となったジャパンカップも、まぁ彼を応援する気持ちは強かった。
 しかし、有馬記念となって、普段はあまり競馬に関心の無い人からも「ディープインパクトは勝てそうなの?」などと聞かれる様な状況となると、天邪鬼の気が出てきてしまいます。
 ついつい「何せ競馬ですからね~勝つ見込みは極めて高いけれど、世の中の他の大抵の事と同じ様に『絶対』ということはありません。」と言わずもがなのことを言ってしまいます。

 そこそこの競馬ファンなら、ここが引退レース、レースの後に引退式、というディープインパクトと同じ様な状況の馬が、その引退レースに3着に負けてしまったことを覚えているはずです。
 勿論、ディープの単勝馬券をほどほどに勝って、マジョリティとなって応援する、という道もありますが、ディープ勝ったね、良かったね、となっても配当金は知れています。

 他の馬だって、負けるために中山競馬場に来るわけではなく、ディープインパクトを負かして1着になるために来ているのです。そしてそれらの馬たちの単勝馬券は、最低でも10倍以上はつく。
 ならばここは、レース展開、状況の考察により、ディープインパクトが負ける可能性をほじくりだして、宝くじよりは多少なりとも当たる確率がよい(と思える)他の馬を買う、という選択肢も当然ある。有馬記念は結構世相を反映するレースと言われていますから、ディープインパクトが負ければそれなりに理由がつけられるかもしれません。ギャンブラーとしては、素直にディープの単勝を買えないのでございます。

|

« カフェミスト | トップページ | 関空 BrightlyPath »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうする有馬記念:

« カフェミスト | トップページ | 関空 BrightlyPath »