« 下らぬこと | トップページ | 「行」を消して・・ »

犬の散歩

 こんばんは、チェスです。

 ようやくというべきか、とうとうというべきか、東京も夏本番で強烈な暑さになりました。

 外出の際には、帽子や日傘で日差しへの対策を講じておきませんと、熱中症への危険がございます。
 皆様、どうかご注意を。

 で、太陽がかなり高くなってから、犬の散歩をさせていらっしゃる飼い主さんがおられますね。

 こういう季節と天候になりましたら、土の地面がある田舎はともかくとして、コンクリート表面の道路で日中犬のお散歩をするのは、犬にとって酷というものです。
 多くの犬は、暑さに弱いです。そして、真夏のコンクリート舗装の表面は、目玉焼きが焼けるほど、という比喩がそれほどオーヴァーに感じないほどに温度が上がっています。
 日中、犬を散歩させている飼い主さん、試しに、裸足でコンクリート舗装の上を歩いてみて下さい。
 愛犬の足が、火傷をしてしまうという恐れがよくわかるはずです。

 また、地表近くの温度も、太陽の照り返しによって、気象庁発表の「気温」よりかなり高くなっています。我々人間より地表に近い犬たちは、誠に気の毒です。

 この季節は、とにかく日中のお散歩だけは避けていただきたいと存じます。
 早朝か、日が落ちた後の夕刻、夜間がよろしいでしょう。

 何卒よろしくお願いいたします。

|

« 下らぬこと | トップページ | 「行」を消して・・ »

コメント

以前毎日、犬の散歩をしていた頃は
夏場はアスファルトの地面に手を当てて
「これなら大丈夫」という温度になってから
散歩に連れ出していました。

犬は(猫もそうですが)風通りの良い場所などを
人間以上に熟知していますよね。
夏場は、犬のお気に入りのスポットに行き
そこでふたり(正確には一人と一匹)で夕涼みをすると
至福の時を感じました。
蜩の鳴き声を聞くと、それを思い出して涙が出そうになります。

投稿: フリッパー | 2006.08.07 02:36

 おはようございます。フリッパーさん。

 そうですね、猫はどうも暑さはあまり堪えないみたいですが、犬は涼しい所を自分で探して、涼をとっていましたね。
 フリッパーさんと愛犬一人と一匹の至福の夕方。良くわかります。小生は、暑い夏はチェス犬と「隅田川親水テラス」で夜涼んだものでした。

投稿: チェス | 2006.08.07 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下らぬこと | トップページ | 「行」を消して・・ »