« 日本語正しく頑張ろう | トップページ | やりきれないニュース »

ピクトグラム

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京は、朝から晴天となり、梅雨明けを思わせました。(実際に関東地方に梅雨明け宣言が出たようです。)
 午前中、小生の愚弟がバケツを持ち出して、長い間放って置かれたプジョリーヌの洗車を始めました。これは実は全く以って驚くべきことで、奴が自主的に洗車を始めるなど、めったにないことなので、せっかくの晴天が再び土砂降りになってしまうのではないか、と憂慮されましたが、まぁ奴一人にまかせるのも気の毒と考えて、小生はアルミホイールの清掃を受け持ちました。ホイールクリーナーは残り僅かではありましたが、何とか4本のホイールを磨くのに、ギリギリ足りました。
 せっかくの久しぶりのプジョリーヌ洗車であるため、外側のみならず車内も、とハンディクリーナーなどを持ち出して頑張り、彼女もかなり綺麗になりました。

 午後からは、例によって上野のスポーツクラブへ出動です。

 ロッカールームからは、トレーニングウェアの格好でジムやスタディオへ行く場合には、入ってきた口から再び出ていきますが、お風呂やプールに向かう場合には、反対側の出口へ出ます。
 そこに表示ボードがあり、プールはあちら、お風呂(このクラブは「スパ」と呼んでいます)はこちら、と矢印で示されています。
 プールの方は、人がクロールを泳いでいるイラストで、お風呂の方は、人が浴槽(は描かれていないが)にゆったり浸かっているイラストです。
 こういう、文字ではなくて、マークやイラストを使用して施設などを表示したものを「ピクトグラム」と申します。
 これは文字ではなくてイラストやマークを使用していることで、日本語を読むことができない外国の人にも理解しやすい、ということは、海外でもこうした表示であれば、我々日本人にも理解が容易である、と言えます。ただ残念ながら、多くのピクトグラムは国別に使用されている様で、同じようなピクトグラムでも国によっては別の意味を持つこともありそうです。
 少数ですが、いくつかの国際的に使われているピクトグラムもあります。
 例えば非常口を示す、グリーンの人が出口から走り出るピクトグラム。あれは実は日本で制作されたものです。また、車椅子が横から描かれたピクトグラムは、身体障害者用の施設を表すピクトグラムですね。

 公共施設などによくあるピクトグラムは、青い男性と赤い女性で表されている、トイレのピクトグラム。我々は、あれを見てトイレとわかりますが、外国ではどうでしょうね?

 ところで、ピクトグラムはわかりやすさを追求するため、少し誇張した表現のイラストになる様に思います。最初のプールを示しているピクトグラムは、ちとキックの振り幅が大きいのではないか、上側にある足は、あれでは水面に相当飛び出しているのではないかと思いましたが、そんな苦情をあのピクトグラムの作者に言う人はまさかいないでしょうからね。

|

« 日本語正しく頑張ろう | トップページ | やりきれないニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本語正しく頑張ろう | トップページ | やりきれないニュース »