« つい、うっかり | トップページ | 岩城宏之さん »

採血

 こんばんは、チェスです。

 本日は、年に1度の「成人病検診」の日でございます。
 検査のために必要とは言え、朝から何も飲み食いできない、というのは、小生にとっては結構ツラいものがありますね。大げさに言えば、貧血を起こして倒れそうなというか・・いくらなんでもそりゃ大げさか。

 一連の検査の中で、最もイヤでつらいのは、最後に待ち構える胃のX線検査です。炭酸ガスでバリウムをお腹の中で膨らませて、それをX線で撮影する、アレです。炭酸ガスのおかげでげっぷが出そうになるのを我慢しつつ、右に回れだの左に回れだの、そこで止まって息を止めろだの、かなり大変です。

 それにくらべれば、採血なんて楽なものです。

 ただ、世の中には血を採るために針を刺されるのが痛くてイヤ、という理由で、献血をしないという人々がいるそうです。まぁ、気持ちはわからぬでもありません。
 ただ、本日の看護師さんもそうでしたが、こうした方々は、注射、針刺し、採血のプロですから、その手並みの鮮やかなことと言ったら。
 本日の看護師さんは、最も痛くないあたり、腕の内側の、肘で折れ曲がるあたりの血管に針を刺しましたが、見事な手さばきに殆ど痛さなどはありませんでした。
 採血が上手にいくと、針を刺した後の傷もほとんど無いものですが、この方の採血もそうでした。

 2、3週間すると、本日の結果が出てくると思いますが、昨年のデータに加えて今年がどのように変化しているか、また自分のデータを公表してしまおうと思います。

本日のフリーセル(6/16金)
5947 A
5948 A
5949 A
5950 B
5951 A

5950は、あやうくしくじるところでした。かなり時間かかったのでB評価。
今週は、ここまで。

|

« つい、うっかり | トップページ | 岩城宏之さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つい、うっかり | トップページ | 岩城宏之さん »