« ベイリーズ | トップページ | すれ違うランナーたち »

サイバーナイフ

 こんばんは、チェスです。

 小生の母親に、突然脳腫瘍が見つかって、入院、手術となったのは1998年の6月のことでございます。その後はまずまず無事に済んでおりましたが、先日の定期検査で、また別のところに同じような脳腫瘍があるので、小さい今のうちならば「サイバーナイフ」で処理できるから、どうしますか?ってなことになりまして、これは現在保険の対象にもなっているので通常の外科手術に比べれば楽な治療だし、この際サイバーナイフをやってしまいましょう、と本日担当の脳神経外科医にお願いしてきたそうです。
 そうは言っても、このサイバーナイフという機械は日本にもまだ10数台しか導入されていないため、母親(と小生)がかかっている病院には当然ありませんで、機械を持っている病院を紹介してもらうということになります。

 この機械、開発されてからまだ10年弱ほどの歴史しかない、新しい機械です。

 がんの治療などには、かなり以前から放射線治療という方法が有効であることはわかっており、実際に様々ながんの治療に応用されています。
 しかし、放射線というのは正常な細胞に対しても働いてしまうので、副作用というものが強いです。
 そこで、たくさんの方向から、腫瘍のある1点に焦点を集めて、弱い放射線を集中させるというのがサイバーナイフの原理です。定位放射線治療というそうです。

 似たような治療機械で、ガンマ線を使う「ガンマナイフ」という機械は、以前からありました。

 ところが、このガンマナイフは、脳腫瘍に正確にガンマ線をあてるために、頭を頑丈なヘルメットの様な器具で固定する、手術の様な操作が必要であるため、患者さんへの負担はすこし重く、また何回かに分割して照射するというのは難しかったのです。

 その点、X線を使うサイバーナイフは、プラスチックのお面のようなものを被せるだけなので、患者さんへの負担も軽く、複数回に分割して照射治療できるため、ある程度大きくなった腫瘍に対しても効果が見込めるという、画期的な治療法だとか。 
 それなら、小生の下垂体に残党として居残っている腫瘍にも効果があるのではないか?と考えている次第です。

|

« ベイリーズ | トップページ | すれ違うランナーたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベイリーズ | トップページ | すれ違うランナーたち »