« 東京は意外に広い | トップページ | 10kmレースへの道 »

スタバに珍客

 こんばんは、チェスです。

 たまに早く退社できますと、小生の場合にはスタバ=スターバックスに寄って読書です。
 で、注文レジのところで、マネージャーさんに「本日のコーヒー」を聞くと、今日はコロンビアであるとの事なので、うーん、じゃラテにしよう、とつぶやいていると、
「お好きなコーヒーを教えて下さい。」
とおっしゃる。
「スマトラなんです」
と答えると、
「ああ~、スマトラはボクも好きでして」と次回予定を調べてくれて、ちょっとすまなそうに
「今度は5月15日です。ちょっと先ですね。」との由。良いですとも。

 ところが、本日はスタバ店内に、なんだかおかしな客が一人いました。
 片言日本語を話す外国人なのですが、やたら女性客にからんでいる。
 本人はナンパのつもりでしょうか?

 先ほどのマネージャーさんが、そのスタバには珍しいお客さんを注意しに行きました。
 ところがこの人、注意されて開き直ってしまいました。
 大声で何やら騒いでいるため、とうとう警察官が2人やってきて、この珍客を連れ出しました。

 帰る際に、またマネージャーさんにお会いしまして
「色々大変でしたね。」と労うと、
「すみません、どうもお騒がせいたしました。」と謝られる。
 お店の責任者ともなると、色々と中々大変でございます。

|

« 東京は意外に広い | トップページ | 10kmレースへの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京は意外に広い | トップページ | 10kmレースへの道 »