« 「空気」と「雰囲気」 | トップページ | 水泳の長距離レース »

何故か脚が軽い

 こんばんは、チェスです。

 建国記念の日です。各種の祝祭日があって、それぞれに意味があり、東京都交通局のバスなども、前面に日の丸などを掲げて祝意を表しているのですが、どうもこの「建国記念の日」というのは、色々もって怪しい。
 とかいうことを書き出しますと、誠にもってキリがなく、あるいは右の方の人たちから付け狙われることになっても大変なので、止めておきます。

 午前中は、先週の日曜日に取り付けの作業予約をしておいた東雲にあるオートバックス東京ベイに行きまして、ETCを取り付けてもらいます。作業そのものは大して時間はかからず、また取り付けられた機械もシンプルなものです。
 しかしカードの方が届いていないので、「早速高速道路を走ってテストを」というわけにはいきません。カードは帰宅後に申し込みしましたので、約1週間後に届く予定。

 午後は、親切な友人であるAAさんが送って下さった某有名大手スポーツクラブの無料利用券を使うべく、会社のそばにある東十条の店舗に行きます。
 ここで午後一杯過ごして、お風呂にも浸かって、更にスタバにも寄って帰宅し、夜通算5回目の夜間走行トレーニング(若しくは早足のお散歩ともいう)に出ます。
 今日は昼間も暖かかったですが、夜になっても寒さを感じません。手袋は止めました。
 そして走り出すと、今日は何故か脚が軽いのです。今までで一番軽い。足取りが快調な気がします。

 ストップウォッチの計時を見ると、これまでより3分近く早い!?3分?は、なんぼなんでもおかしいでしょう。こいつは計時ミスだと思います。

 帰宅すると、今日は気温が高かったためか、汗をどっさりかきました。パンツまで濡れています。
 なんだか「負け犬チェスちゃんのトレーニング日記」みたいになってきたなぁ。

|

« 「空気」と「雰囲気」 | トップページ | 水泳の長距離レース »

コメント

チェス様
頑張っているご様子。
タイムがよくなったのは、慣れてきた証拠かもしれません。しかし、ここであせっては禁物。たぶん、これからはタイムが縮まったり逆に増えたりの繰り返しの時期が続くかと思います。それは、運動生理学的にはありうることです(あまり説得力ないけど)。運動でも勉強でもある一定の山を越えるまでははそういう時期が続きます。そしてそれが終わると格段といい調子になってきます。あともう少しのような気もします。
しかし、チェス様は、水泳・ランニングと来たら、あとは自転車でいずれはトライアスロンへというもくろみがあるような感じもするのですが。

投稿: AA | 2006.02.12 22:48

 AAさん、度々どうもです。
 かつしこさんもおっしゃられていた様に、現在はタイムには一喜一憂せず、脚を作って走るのに慣れる時期なんだと思います。ならば計時などはしなければいいものを、「どのくらいの時間かかってきたかな」とつい計ってしまいます。1分以内の凸凹は計時誤差範囲だと割り切ることにしました。
 トライアスロン?鉄人レースですね。さすがにあれはちょっと・・・

投稿: チェス | 2006.02.13 07:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故か脚が軽い:

« 「空気」と「雰囲気」 | トップページ | 水泳の長距離レース »