« 用途未定 | トップページ | いつもの様に歩けない! »

2006.02.27

ETC初体験

 こんばんは、チェスです。

 「コースロープはいらない?」にちらっとだけ書きましたが(本当は書くことがたくさんあったのですが、出勤前で時間が無くなりました)昨日の日曜日は、栃木県小山市にあります県立の「温水プール館」で「水無王国東京スイミングクラブ」の練習会を開催しました。
 小生は、愛車プジョリーヌを転がして、「いんてごさん」「水夢イルカさん」をお迎えして、首都高速~東北自動車道で行きました。昨日は何と言っても「ETC」車載器と、これ専用のクレジットカードを使う最初の日。ちゃんと電波でやり取りをして、きちんとお金を支払って通してくれるでしょうか?
 かなりドキドキしながら、徐行してゲートに接近します。最初は首都高速ですから、通せんぼのバーはございませんが、うまいこと通信ができなかったら、直ぐに止まれる様に最徐行という感じで進入しました。と、車載器から何やらシグナルが鳴って、どうやら通信ができたようで、料金所ブースのおじさんが、「ドーゾ!」という仕草をしています。おおっ、感動の瞬間です。
 そして、東北道。浦和料金所は大きな料金所ですが、ETC専用レーンはまだ少ないので、予めあのあたり、と目星をつけて間違えないようにしなくてはなりません。
 で、東北道のETCゲートには、通せんぼのバーがございます。
 ここでも車載器からシグナルが鳴って、無事バーが上昇しました。

 万一、うっかりカードを入れ忘れていたとか、車載器の故障や、通信のエラーなどで、バーが上がらなかったのに突っ込んでしまったらどうなるか。
 そういうときのために、このバーは車の進行方向に沿って曲がる様になっているのだそうです。
 進入速度にもよりますが、充分な減速、徐行とまではいかなくても、2~30kmに速度が落ちていれば、自動車の方にはそれほど大きなダメージはくわないようになっているのだとか。
 そうであっても、料金踏み倒しは反則ですから、バーが上がらなかったら止まらないとダメですよ。

 それからETCではないブースにうっかり進入してしまったら、どうするか?
 いけねっ!とすばやくギアをリバースに入れて、バックで・・は、危険ですからダメです。
 直後に後続車がいる可能性が大きいです。
 この時には、一旦停止して、窓を開け、差してあったETCスルーカードを引き抜き、係員に渡せば支払い処理をしてくれます。

 しかし、民営化された高速道路会社がいう程、ETC車載器が普及しているのなら、もっと対応しているゲートを増やさないと、意味無いですね。

« 用途未定 | トップページ | いつもの様に歩けない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ETC初体験:

« 用途未定 | トップページ | いつもの様に歩けない! »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • ギャンブル
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • モンテディオ山形
  • 住まい・インテリア
  • 俳句
  • 健康
  • 園芸
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 結婚問題
  • 美容・コスメ
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ