« 腕時計廃止(試行中) | トップページ | 2005年を振り返る その2 »

2005年を振り返る その1

 こんばんは、チェスです。

 ありきたりの表現で申し訳ございませんが、今年も、あっという間の1年でございました。
 で、まぁ昨年もやったのですが、最後3日を使って本年の回顧を致します。
 回顧といっても、世間的にこんな事件がありましたねぇ、なんてことはマスコミがやっていますから、あくまでも小生の1年の回顧です。
 しかし年齢とともに記憶力が怪しくなっていますから、このブログの記事の原稿を読み返すことで、記憶を呼び戻してみます。

 回顧の前に、ザンゲを一つ。
 ちょっと前に「手袋」というタイトルで記事を書いているのですが、今年1月にも同じ「手袋」というタイトルで記事を書いていました。
 あーあ、ネタの2重売り。やってしまったか。ま、救いがあるとすれば、同じタイトルではありますが、内容は違うことを書いている点でしょうかね。

 さて、今年2005年の冬から春にかけて。
 これはもう何と言っても「白ワイン飲み始め」に尽きるかな。
 小生、元々お酒は飲めません。全く飲めない訳ではないですが、殆ど飲めません。ビールは好きではありませんし。甘党なので、甘いお酒ならなんとか付き合えるということで、梅酒(これには氷砂糖が入っていますよね)をロックで飲むというのが、いいところです。
 ところが今年の1月から、いかなる訳か、白ワインを飲み始めました。それもやはり極甘口という種類の、ドイツの白ワイン。極甘口は「アウスレーゼ」というのですが、これが大変気に入りました。幸福な出会い、というべきでしょうね。
 さらに、「アウスヴァイン」という更に甘いワインを教えていただき、これも美味しくいただきました。
 ドイツワインの甘口以外の白ワインも少し飲みましたが、甘党はやはりドイツワインの白の甘いのがいいです。

 今年は、若くして亡くなってしまった古い友人の墓参りに、やはり古い友人2人と3人で行ってきました。

 今年に入ってファンになり、聴き始めたシンガーに、中島美嘉さんがいます。この方自身、今年は映画「NANA」のヒットもあってブレイクの年でしたね。今年の始め頃にリリースされた「桜色舞うころ」は、小生にとっての今年のベストソングですね。
 春先から夏のことは、また明日。

|

« 腕時計廃止(試行中) | トップページ | 2005年を振り返る その2 »

コメント

ここまで、遡ってしまいました\(~o~)/
あれは、確か、「桜色舞うころ」に某サイトで俳句を募集してて、チェスさんに添削や相談にのっていただいたんですよね♪
「桜色舞うころ」は、作詞・作曲が川江美奈子さんで、素敵な歌詞にメロディも綺麗で、私も大好きです。生「桜色舞うころ」をチェスさんに聞かせたくて、美嘉ちゃんのライブにも一緒に行きましたね(^_-)-☆ もうすぐ、もうちょっと先かなぁ?この「桜色舞うころ」の曲がぴったりな季節がきますね♪o(^-^)o
「NANA」の大ブレイクには、ビックリしました!続きも製作されるので、今から楽しみです\^o^/
一番、嬉しかったのは、チェスさんが美嘉ちゃんの「BAST」(CD)を購入してくださったことです!まいどぉ~(笑)

投稿: PAN | 2006.01.09 10:22

 PANちゃん、またまたどうもです。
 そうそう、「春」の俳句、やってましたね!
 世界最短の定型詩、僅か17音の世界の俳句というのは、本当に難しいです。でも楽しかったですねぇ。
 「BEST」さすがにいい曲が揃っていて、楽しんで聴いていますよ。「桜色舞うころ」も新録音だともっと良かったです。
 そうそう、一度生の「桜色~」を聴かせていただいて、本当に感動しました。

投稿: チェス | 2006.01.09 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年を振り返る その1:

» NANA -ナナ- [J-POP Review Blog]
少女漫画誌『Cookie』(集英社)に2000年から連載されている、矢沢あい作の漫画。 2005年5月現在、単行本1〜12巻の累計販売部数は2200万部を突破する人気となっている。 物語はメジャーデビューを目指すボーカリストの大崎ナナと、恋人を追って上京してきた小松奈々の2...... [続きを読む]

受信: 2006.01.06 01:16

« 腕時計廃止(試行中) | トップページ | 2005年を振り返る その2 »