« 悲惨な事件 | トップページ | 正月休み用ゲーム »

ファイルのやり取り

 こんばんは、チェスです。

 現在小職がこの記事を打つのに使っているパソコンは、知り合いが自作した「タワー型」という筐体に収まっているパソコンでございまして、今となっては何をするにもちょっと力不足というスペックになってしまいましたが(そのためOSはずーっとWindows98)マザーボードもハードディスクもいかれてしまうということなく、毎日使っておりますが、きちんと立ちあがり仕事をしてくれますので、「ヴェテラン健在」ということで引退させることなく使い続けております。
 クルマなど飽きっぽくてすぐに買い替えてしまう小職には珍しい、使い込み方です。

 ただ、「ぼくは航空管制官2」というゲームを快適に遊ぶには、主としてグラフィック系の処理が追いつかないのと、CPUもメモリーもいささか力不足を露呈してしまいましたので、1年半前、うーん、もうちょっと経つだろうか、DELLのマシンを「買い足す」格好で、液晶ディスプレイだけを共用にして、現在は2台態勢のパソコンを使っております。
 普通はこれといって不便はないのですが、先日新しく導入したCanonのカラープリンターなど、OSが98のメインマシンですと、ドライバのインストール時に何やらエラーが出てしまって、まぁそれでなくてもメモリーが足りなくなっているのにリソースばかり増えるという現状ですから、今回年賀状印刷は、DELLのマシンでやらせることにしました。
 そうすると、年賀状ソフトをDELLにインストールし直して(前のマシンからアンインストールすればライセンスはクリアできるだろう)そのソフトに使っていた住所録のデータなども引っ越さないといけません。
 まぁそれだけでなく、色々こまごまとしたファイルも、できればDELLのマシンでも使える様にしたいものです。
 ところが、「もうフロッピーディスクなど用はないだろう」と思って、DELLのマシンを注文するときに、FDDは付けなかったのです。これが素人の浅はかさ。ちょっとした小さなファイルをやり取りするのに、えらく困った事態になりました。


 LANを組む、というテがあると思いますが(先進的ユーザーはこれだろうな)、LANボードは既にCATVのインターネット接続に使ってしまっているので・・
 小さなファイルのために、一々CD-Rを焼くというのも、大仰で面倒な気がしますし・・
 仕方ないので、片方のマシンからメールにファイルを添付して送信し、片方のマシンで受信する、という変則的なことをやっています。設備投資がかからず、わりと簡単ですが、なんかやっぱりヘン。

 今ちょっと考えているのが、USBメモリーという奴。

 会社では、仕事柄、特許庁とのやり取りに使う「インターネット出願ソフト」を起動する時に、出願人認証情報をUSBメモリーに入れておき、ソフトの起動時にこいつを差し込んで起動させるという使い方をしています。
 もう非常に安いのですが、容量は一昔前のHDDの様なサイズです。ガムくらいの大きさなのに、そんな容量なんて、信じられませんでしたな。
 これを一つ買ってきて、やり取りすればいいのではないか、と思っています。ともかく1つあれば用は足りそうです。

|

« 悲惨な事件 | トップページ | 正月休み用ゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイルのやり取り:

« 悲惨な事件 | トップページ | 正月休み用ゲーム »