« 手袋 | トップページ | ゴミ捨て »

歴史小説

 こんばんは、チェスです。

 最近、歴史小説という分野が人気を博している様で、古本屋に行っても、人気の歴史小説などは高額買取をしてくれる旨の張り紙などがしてございます。

 ただ、あるサイトで読書感想記を読んでいて、このサイトの管理人さまは「歴史小説を読むくらいなら『歴史書』を読む」という意味のことを書いておられたのを目にしました。なるほど、これはこれで、中々面白い考え方であるな、と思いました。

 何故か。

 小説、というのは、元々はフィクション、創作物です。作者のイマジネーションを頼りに、独自の世界を構築していくことこそ、小説のあり方と言えましょうね。
 ところが、歴史小説というジャンルは、いささか趣きが異なります。
 日本史を題材にした歴史小説が、万人に受け入れ易いためか、人気もあり、名作と呼ばれる小説も多いのですが、例えば戦国時代は特に激動の時代であり、ドラマ性も高いため、昔から多くの作家が自分の作品の舞台に使っていますよね。
 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、知らぬ人はいない戦国の英雄ですから、当然歴史小説の題材として、格好です。
 ただ、ここからが問題ですが、いくらフィクション、小説だからといって、信長が本能寺で死ななかったり、関が原で西軍が勝ってしまったりしたら、「歴史小説」ではなくなってしまうのです。
 (勿論、世の中にはそういう小説もありますが、それらの小説は「歴史小説」とは最早言わない様です。)

 歴史小説と言うからには、少なくとも万人に受け入れられる様なストーリー、即ち、「歴史書」に書かれている内容から大きく逸脱することは許されないのです。

 前に書きました、「歴史小説」を読むくらいなら「歴史書」を読む、という考え方が面白い、と思ったのはこれが理由です。
 歴史小説は、あくまで歴史という「決まった筋書き」の大枠の中で、作家が自分なりの作品世界を構築しているのです。
 それがつまらない、という考え方が、前記の様な考え方になるのでしょうね。
 しかし、小職は決してそうは思いません。確かに、学者によってある程度共有されたとでもいうか、通説化された「歴史」というものは存在しますが、歴史というものが過ぎ去った過去である以上は、そいつを舞台にして、たとえ大枠は変わらないにしても、作家のイマジネーションと表現力をもってして、魅力的な新しい世界を構築することは可能なのではないか、名作と言われている歴史小説は、そうした世界構築に成功しているのではないか、と考えるのです。

 同様のことは、伝記にも言えると思います。一般に伝記は小説とは言われませんが、ある人物をモデルにして、作家が全く新しい人物像を作り上げるとすれば、これは伝記という小説ジャンルではないかと思います。だって、ある人物の生涯を表現しようとする時に、作家の主観を排して客観のみに徹するということは不可能な話であり、仮にそうするならばそれは伝記ではなくて、単なる年表的記載になってしまうでしょうからね。

|

« 手袋 | トップページ | ゴミ捨て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史小説:

« 手袋 | トップページ | ゴミ捨て »