« 大地震への備えは? | トップページ | 超音速旅客機 »

体育の日

 こんばんは、チェスです。

 本日、10月10日は体育の日という国民の祝日でございます。
 元々、昭和39年10月10日に開会式を迎えた「東京オリンピック」を記念して、この祝日が制定されたわけですが、最近施行された「ハッピーマンデー」の法律によって、「体育の日」→10月の第2月曜日、という具合に3連休を作るための「可動祝日」になってしまいましたので、今年はたまたま10月10日がまさしく体育の日に該当したということになるのですね。

 小職は昭和39年10月といいますと、2歳と3ヵ月というところですので、東京オリンピックを覚えているか?などと聞かれても、「さぁ?」と答えるしかございません。(ちなみに、大阪万国博覧会は良く覚えています)。
 そのため、東京オリンピック関係のニュースは、小職の中では「歴史の中のニュース」になっております。
 例えば母親から聞いた話では、「前の晩はひどい風雨で、これは折角のオリンピックの開会式もどうなることかと皆が心配したが、翌朝になると雲一つない『日本晴れ』になった。」ということであり、よほどお天気の事が印象的だったのだと思われます。
 確か航空自衛隊の「ブルーインパルス」が(当時既にあったのかどうかは知りません。無かったとしたらどんな部隊が?)東京の会場の上空で、五輪を描いたというのがニュースになっていたような気がします。
 「ブルーインパルス」は冬季オリンピックの長野大会でも華々しく登場しましたね。

 で、今再び、東京がオリンピック誘致の名乗りを上げるということで、石原都知事閣下の号令の元、都庁の中に五輪誘致のための組織が発足したそうです。

 まぁ、現在の東京であれば、オリンピックの夏季大会を開催するには充分な施設がありますね。

 つまり東京が有利なのは、「必要なインフラは揃っていますよ。是非おいで下さい。」と胸を張って言えることでしょうかね。

|

« 大地震への備えは? | トップページ | 超音速旅客機 »

コメント

以前、「体育の日は統計的に雨が降る確率の低い日」と、聞いた事がありましたが、今日は見事に(?)雨空でしたね。
1964年8月生まれなので、東京オリンピックの記憶は当然ながらありません。大阪万博は当時大流行した「水疱瘡」にかかり、連れていってもらえず、チェスさんと同じ歳の兄がお土産に買ってきた万博のガイドブックを食い入る様に見た記憶だけはあります。その後の札幌オリンピックの事はよく覚えています。
でも、浅間山荘事件のことは全く記憶になかったりと、人それぞれ記憶の持ち方というのは違うものなのだな、と思いますね。

せっかくの式なのに雨で残念と思っていたのに急に晴れて・・・・では、皇太子様のご成婚の儀などが近い記憶として思い出されますが、これももはや「歴史の中のニュース」になってしまっているのでしょうね。

投稿: フリッパー | 2005.10.11 03:03

 チェスです。フリッパーさん、こんにちは。

 そうそう、10月10日は「晴れ」の特異日だったのですが、今年は少なくとも東京はダメでしたね。
 実は小職も、大阪万博は連れて行ってもらえなくて、家族の中で唯一見物に行った母親のお土産話を聞いたものでした。
 「並んだ、疲れた」ばっかりだったけど。
 小職、歴史の中のニュースはみんなテレビの前という記憶ですが、これからの子供たちは、「液晶画面の前で見た」という記憶になるのかな?

投稿: チェス | 2005.10.11 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体育の日:

» 龍馬の21Cオリンピック不招致論 [龍馬の高鼾(リョウマ ノ タカイビキ)]
今回は、これまでの回と趣を異にし、深みのあるブルーに暮れなずむ大阪府猪名川町立図 [続きを読む]

受信: 2005.10.24 17:56

« 大地震への備えは? | トップページ | 超音速旅客機 »