« ヨドバシAKIBAの弱点を探せ! | トップページ | 急に代打 その2 »

急に代打 その1

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の夕方、急に上司の部長に呼ばれまして、明日の土曜日の都合はどうか?と聞かれました。
 本社2階で使っているエアコンのコンプレッサーから異常音が出ていて、電気設備業者が修理にくるのですが、部長のお身内のお加減が悪くなり、そちらへ向かわないといけなくなってしまったため、工事に立ち会えないので、代打をお願いしたい、ということでした。

 日曜日だと、「水夢王国」の月例の練習会があるため、まずいのですが、幸い土曜日は病院の予約があるくらいで、こいつは午前中には終わる筈ですから、部長の代打を引きうけることに致しました。

 さて、病院の予約は午前9時30分。指定の時間に脳神経外科外来に行きますと、ラッキーなことに、待っている方が誰もいらっしゃいません。
 ということで、待ち時間ゼロで先生の診察を受けることが出来ました。
 更にラッキーなことに、毎日飲んでいるホルモン制御の薬を、週に1回飲めばいい、という薬に替えてみよう、というお話になり、早速今日から切り換えてもいいよ、とのお達しでした。もっとも、薬を切り換えたために、現在正常値の範囲に納まっているホルモン数値が上昇すると、これはヤバいので、1ヵ月くらいしたらホルモンの検査(採血)して下さいよ、とも言われましたけれども、元々そろそろ検査の時期にさしかかっているから、そいつは全くOK。
 新しい薬の処方箋を、病院の前の薬局に差し出して、今までは毎日3錠づつ飲んでいたために、山のような薬の量と、結構なお薬代だったのが、ほんのちょぴっとのお薬と、10分の1以下のお薬代に変わって、ビックリ仰天です。
 ま、単純に考えても、毎日3錠で、1週間では21錠必要であったお薬が、1週間で1錠なら、1/21という計算になりますから、たぶんお薬のお値段は単純比較で1錠当たり倍であっても、お薬代は1/10程度になる、ということですね。
 このお薬、うまく効いて欲しいです。

 本日のお話、長くなりましたので、明日に続きます。

|

« ヨドバシAKIBAの弱点を探せ! | トップページ | 急に代打 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急に代打 その1:

« ヨドバシAKIBAの弱点を探せ! | トップページ | 急に代打 その2 »