« 開票始まる | トップページ | ジオンの系譜、買ってきた »

めでたく「はやぶさ」イトカワに到着!

 こんばんは、チェスです。

 衆議院選挙が終了し、衆議院の新しい枠組が決まりました。小泉首相の続投は無論のこと、郵政民営化関連法案は、召集される特別国会で可決、成立されるのが確実となりました。その次はどうなるか?景気の方はようやく上向きになってきたといわれていますが、雇用不安、年金問題、超高齢化社会と少子化対策、懸案はたくさんあります。新しい巨大与党のお手並み拝見というところです。

 会社の帰り道、空き地の草むらから虫の声が聞こえる様になりました。秋は確実にやってきていますね。

 そして、本日、9月12日、長い旅を半分終えて、現在は地球から見ると丁度太陽の向こう側、小惑星イトカワの近傍20kmの位置に、我らが日本の小惑星探査機「はやぶさ」が静止致しました

 イオンエンジンの長時間運転、地球スウィングバイ、自立航行システムといった、新しい技術を獲得することも大切な目標となっていた探査機はやぶさは、まずはミッションの半分の行程を無事に終えました。これから暫くの間、はやぶさはイトカワの側20kmの地点に留まり、搭載している様々な観測機器を使って小惑星イトカワの観測を行ないます。観測ロボット「ミネルヴァ」を降下させ、イトカワの表面付近の探査も行い、メインイヴェントはなんといっても小惑星イトカワの岩石のサンプリングです。この、小惑星表面のサンプル採取と、採取されたサンプルを地球に持ち帰り、大気圏に突入してサンプルを回収して、はじめてミッションがコンプリートということになります。

 しかしまずは、太陽の向こう側からはやぶさが送ってくる観測データの受信と解析に、JAXAは大忙しの秋ということになるでしょう。
 原始の太陽系の様子をそのまま持っているといわれる、いわば「太陽系の化石」の様な存在が、イトカワの様な小惑星です。太陽系の成り立ちを解明する上で、貴重なデータが得られるものと期待されます。

|

« 開票始まる | トップページ | ジオンの系譜、買ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めでたく「はやぶさ」イトカワに到着!:

« 開票始まる | トップページ | ジオンの系譜、買ってきた »