« 可愛いコは営業に出せ | トップページ | イケメン »

クールビズ

 こんばんは、チェスです。

 遅まきながら、小職の勤務先でも「クールビズ」というのに取り組むことになったそうです。
 クールビズは、首相官邸のサイトを見ますと、閣僚の申し合わせ事項として「夏の軽装について」と取り決められたことらしいです。
 当初は環境省あたりが言い出したことなのかな、と思いましたが(実際、環境省のサイトでも大きく扱われてはいますが)これは首相官邸の方から言い始められたということなんですね。
 特に公式行事などでもない限りは、執務の服装を「ノーネクタイ ノー上着」でやってもいいよ、というのが、この申し合わせ事項です。
 もっとも、単にネクタイなし、ジャケット脱いでいて良し、というだけでは意味をなさないのであって、それによって室内の冷房の設定温度を28℃にして、これによって二酸化炭素の排出量を抑えましょう、というのが目的でございます。

 で、小職の勤務先でも、クールビズなんだそうです。

 決めたからには、従業員に周知しないといけません。御触れをあちこちに回す、という行事が必要です。
 会社において、この御触れは「公布、公示、通達、通知」などといいますが、これらを総称して「示達文書」などといいます。
 こういうのを作るのも、小職の仕事の一つです。

 いざ文案を作ってみると、意外に難しい。いくら軽装でもOK、とは言っても、リゾート地の様な格好で会社に来られても、ちと困ります。
 そこはそれ、常識を使っていただきませんとね。

|

« 可愛いコは営業に出せ | トップページ | イケメン »

コメント

「男性のネクタイを外すと、女性のひざ掛けが不要になった」という、クールビズの推奨広告が印象的です。見かけにこだわって、不要のことにこだわることを排除したこのクールビズ。私は大歓迎です。
うちの会社は、この件についてはノーコメントの会社です。ただし、内勤の場合には特に「ダメ」ともいわれません。
仙台も暑いです。私は、外勤の時は訪問先の駐車場前まで、ネクタイをとっています。移動距離が長い時はまた外して、といった感じです。内勤の時はほとんどネクタイはしていきません。

私が思うに、普段の服装がクールビズに近い人は、自然に実行できそうな感じです。私は、普段でも、BDシャツにチノパンのことが多いので、そのままネクタイを外すという感じです。先日の研修の時も「リラックスした服装で」ということでしたが、いつもの感じにネクタイをはずしただけの方もいました。聞いてみると、普段着は、あまりにくだけていたので、結局こんな感じになってしまうとのこと。私の普段着が少し、固いのかどうかわかりませんが、トラッド系の服装なら、普段着でもビジネスでも通用する感じです。
できれば、年中ネクタイは不要でいたいのですが。

投稿: AA | 2005.08.06 11:10

 おはようございます、チェスです。

 クールビズは、大層なお題目を脇においても、中々合理的な考え方だと思います。
 ところが中には「ワイシャツはあくまで長袖、ネクタイは絶対外さない」という仕事フォーマルのスタイルに拘る人もいて、そういう方が暑がりときていますから、難しいものだなぁと思います。服装、執務スタイルは、常識外れでなければ強制できるものではないですからねぇ。

投稿: チェス | 2005.08.07 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クールビズ:

« 可愛いコは営業に出せ | トップページ | イケメン »