« パイナップル | トップページ | 「すざく」ファーストライト »

夏の終わりが近づく

 こんばんは、チェスです。

 旧暦の、いわゆる「お盆休み」というものが明けて、田舎、故郷といったところに行っていた方々が東京とその近辺に帰ってくると、東京の街も次第に元のペースに戻ってきます。
 で、毎年不思議とこのあたりになりますと、「あと少しで、今年も夏は退場」と感じてしまいます。
 決勝戦が行なわれる甲子園大会も、開会式の頃の入道雲ではなくて、空にはいつのまにか鰯雲。

 確かに、未だあと1ヵ月ばかりは暑い日は続きますが、梅雨明けの頃の、正午過ぎのあの暴力的な日差しは、最早ありません。

 そうこうしているうちに、日本テレビ放送網が毎年やっているチャリティーイヴェントの頃になると、小学生、中学生諸君は、夏休みの宿題を片付けなくてはならないという焦りが発生するでしょう。(小職も、24時間テレビというのはちょっとイヤだったのです。)

 季節の変わり目というのは、当然に4回ありますが、秋から冬へは、覚悟ができています、と言う感じです。冬から春への変化は、寧ろ嬉しい。春から夏へは、間に梅雨というものが入りますので、時間の経過を望むことになります。
 そこへ行きますと、夏の終わり、というのは、ちょっと悲しく、いささかせつなくやるせない。
 子供の頃の、夏休みが終わってしまう、という時の感情を、未だに覚えているのでしょうか。結局、あまり学校が好きな子供ではなかったのでしょうね。

|

« パイナップル | トップページ | 「すざく」ファーストライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりが近づく:

« パイナップル | トップページ | 「すざく」ファーストライト »