« 旧お盆休み | トップページ | 浴衣姿 »

新ルート開拓

 こんばんは、チェスです。

 「ガンフリ」のフリッパー様が、激甘飲料という「MAXコーヒー」をご紹介されてというもの、「是非近いうちに飲んでみたい」と考える日々が続き、そのうちに夢に出てくる始末で(大嘘)その甘さに痺れてみたいぞ~、ともだえているうちに、我慢できなくなって飲みに行くことにしました。
 しかし、良く考えたら、たかが「缶入りコーヒー飲料」なのです。

 普通は、何かのついでに、チャンスがあれば、と考えるものでしょう。

 しかしチェスは、強引に用事を作ってしまうのです。
 「千葉国際水泳場」に水遊びに行こう、そのついでに、という訳でございます。
 (ジツは逆で、MAXコーヒーを飲むついでに、千葉国際水泳場でチャプチャプと・・)

 本日午後も遅くなっての3時近く、総武線の各停電車に乗って、西船橋へ。西船橋駅で、武蔵野線に乗り換えようとプラットフォームを歩いていると、早速発見してしまいました。「MAXコーヒー」こんなに早く!
 思い焦がれていた恋人は、いともあっさり現れたのでありました。
 チャプチャプと水遊びをした後に、飲む筈だったのに、身体は勝手に自販機にお金を投入し、缶を取り出して数回振り、プルタブを引き上げ、ゴクゴクと・・・


 確かに、こいつは甘いです。ですが、「甘いぞ甘いぞ!」と期待していたので、期待したほどではないな・・こんなものかな・・思い焦がれていた恋人は、存外平凡な人だったとか・・ありゃりゃ、という感じなんです。
 「コーヒー」と思って飲めば、確かに甘いですよね。「MAX」というのは甘さマキシマム、という意味なのでしょうかね。
 小職にとっては「もう一と押し欲しいかなぁ」という感想でございます。

 さて、チャプチャプやって、帰宅。プールの階段を降りる時に見えた「東京行き」の京葉線の電車が、駅に着いてエスカレータでプラットフォームに上がっても、まだ待っていてくれました。時間調整していたのかな。
 で、無事に乗車すると、車内アナウンスでは南船橋での乗り継ぎが、かなり待たされるみたいなのです。

 これはもう、このまま東京まで行ってしまったほうが速そうだ、と考えて、南船橋では下りずに、そのまま乗車。
 で(しかし、東京の乗り換えは面倒なんだよなぁ)と考えていると、別ルートを思い付きました。この電車は各停電車のため、八丁堀に停まります。八丁堀は日比谷線の乗り換えができる。いくらなんでも東京駅程は面倒ではないだろう。日比谷線にさえ乗ってしまえば、秋葉原に出てもよし、人形町で浅草線に乗り換えてもよし、という訳で、東京の一つ手前、八丁堀で下車でございます。
 日比谷線への乗り換えは、それ程大変ではありませんで、東京駅よりはるかに近いです。
 しかも日比谷線は、すぐに電車が来ると。2つ目の人形町で乗り換えることにしました。人形町乗り換えも便利で、改札を出ると目の前が浅草線の改札です。

 これは中々便利なルートだ、と思って、帰ってから「駅前探検倶楽部」で検証してみました。やはりこのルートが最短でした。大変満足です。

|

« 旧お盆休み | トップページ | 浴衣姿 »

コメント

フリッパーです。早速のMAXコーヒーレポ、ありがとうございました。
わたしにとっては「罰ゲーム」的甘さのMAXコーヒーでも、甘党のチェスさんにかかると「平凡な甘さ」になってしまうのですね。人の味覚というのはわからないものです。うむー。

わたしは通常、習志野のプールへは車で行くことが多いのですが(で、ついでに船橋の夫の実家に寄る)、チームのメンバーと一緒の時など、電車で向かうと遠いなあー!と思います。本数も少ないし武蔵野線との乗り継ぎも悪い。バスルートなども候補に入れてあれこれ検索してみましたが、結局はいつものルートが最速だということがわかりました。
都心から外れると、東京近辺はタテのルートが本当に弱いですよね。東京近辺に限らないのかな?

投稿: フリッパー | 2005.08.14 01:02

 フリッパーさま、コメント頂戴し感謝です。

 甘党といっても、甘ければ何でも良い、という訳でもないのが、ウルサイところではあります。しかし、つまらない「コク」だ「キレ」だというものを売り物にするくらいなら、「激甘」をセールスポイントとしているのであれば、MAXコーヒーは潔いと言えると思います。
 懐かしくなって、今度見つけたら、また飲むのではないかと思います。

投稿: チェス | 2005.08.14 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新ルート開拓:

« 旧お盆休み | トップページ | 浴衣姿 »