« ぼんやり | トップページ | 水 »

スタイリッシュなプジョー407

 こんばんは、チェスです。

 小職の家の3階のトイレのポンプ問題を解決していただいた、水泳のコーチの水夢イルカ様のご主人(となかなかややこしい)は、ご親切にも洗車用のホースのジョイント問題の方も解決して下さいました。水道栓に直接繋ごうとして上手くいかなかったホースを、ホームセンターでジョイントを見つけて下さり、水夢イルカコーチ経由で渡して下さったのです。本日そいつを使って、洗車ホースを繋いでみたところ、バッチリ水圧をかける事ができる様になり、思わず車を洗ってしまいました。

 で、愛車プジョリーヌ=プジョー307swのリアワイパーのゴムが、端から裂けてきていることが判明し、長さにして1/3程が裂けてしまっていました。
 更に、水気を雑巾で拭いている時、フロントドアのドアノブのカバーが取れてしまい、嵌め込もうとしてもうまくいきません。
 こいつはまずい、と思って、「ブルーライオン」(プジョーのディーラーです)に電話をしたところ、リアワイパーについてはさすがに在庫しているとの事。
 ドアノブのカバーも嵌め込んでもらわないといけないため、早速ブルーライオンへ行くことにしました。

 30分弱で到着。作業を待っている間はショールームで、発表された「プジョー407」を眺めることにしました。

 407は、当然406の後継車種で、プジョーのラインアップではアッパーミドルセダンという位置づけです。トヨタで言えば、マークXというあたりか。
 我が307swと同じ様に、ワゴンボディの407swという奴があり、普通のブレークはなく、ワゴンボディはswのみの様です。
 307swと同じ様に、パノラマルーフを装着しています。
 これが450万円。さすがに307swより、かなり値が張ります。
 内装は、革張りのシートで、座り心地はさすがにいいです。ただ、背の高さが307より低く、その分リアシートは広いという感じがありません。
 勿論、背が低いということは、307よりだいぶスタイリッシュに見せます。
 小職は、407swは、前から見るとさすがにプジョーだな、と感心するデザインなのですが、ワゴンボディの肝心のところ、リアエンドあたりは、なんだかトヨタの車を見ている様で、どうも今一つ好きになれません。
 407なら、セダンがいいかな、と思いました。

 307swのローラン・ギャロスというモデルが展示してあり、これは307swのモデルをベースに、革シートを奢っているものです。
 寧ろ、こちらの方が欲しいと思いました。407swはスタイリッシュな外観と、V6エンジン(4気筒もある)、6速オートマチックなど、アッパーミドルサルーンに相応しい車と言えますが、今乗っている307swからどうしても乗り換えたい、という程の魅力は感じませんでした。

|

« ぼんやり | トップページ | 水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタイリッシュなプジョー407:

» PEUGEOT♪ [Everything Gonna Be Allright]
遂に我が家にやってま参りました! プジョーの ・・・  カップ (^_^;   車で無くてすみませんm( __ __ )m   プジョーに限らず『車』に興味はほぼ無いのですが… PEUGEOTのロゴだけは昔から好きヘ(^−^ヘ)(/^−^)/ 現在、携帯の待ち受けにもなっ... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 14:16

« ぼんやり | トップページ | 水 »