« ガンダム | トップページ | 聞き違い »

バランスディスクのその後

 こんばんは、チェスです。

 かつて「チェス犬」という雑種犬を飼っていた時には「犬というのは、本当に夏はつらそうだな」と思いました。
 比較的寒さには強いのですが、夏の暑さは可哀想なぐらいぐったりしてしまいましたから。

 ところが、現在の不要・・・マチガイ・・・扶養家族の、猫のコバン師は、夏でも元気です。
050705-koban

 もう7年くらい前のことですが、コロッケを買いに、近所の肉屋に行った時、お店の奥に肉屋の猫が昼寝しているのが見えました。
 コロッケを揚げているオバサンと、猫の話をしたところ「猫が『暑い日』というのは、1年にほんの数日なんだそうですよ」なんておっしゃっていました。
 リアリティーのある話し方だったので、肉屋のおばさんは猫の親戚かと思いましたが、それらしいなぁ、と思うくらい説得力があるんです。
 写真は、本日のコバン師です。

 さて、バランスディスクですが、ディフォルト状態の空気の甘い状態は、どうも身体が慣れてしまったみたいなので、空気入れを使って、かなり空気を入れて膨らませました。これで両足で乗りますと、オーケストラの指揮者はかなり困難です。バックストロークなぞ、とんでもありません。バランスを取るのが一杯一杯です。

 ですが、これを背中があたる場所において、腹筋をやりますと、空気が少ない時と比較して、寧ろラクなんですね。空気の弾性力で、適度に背中を押してくれます。
 そこで、バランスディスク腹筋は、回数を増やすことで負荷を上げました。っていったって、100回とかやりますと、翌日お腹が痛くなるので、回数を増やしても大した事はないのですが。

 後は、愛用のパソコン用の椅子の座面に乗せて、こいつに座り、時々手足を離してバランスを取る、ということをやっています。
 これは確かに空気圧が高いと大変です。

 そんな感じで、まだ飽きずにやっていますが、どうも効果が上がらないみたいなんですよねぇ~。なんか良いことあるのかなぁ?

|

« ガンダム | トップページ | 聞き違い »

コメント

深い部分の筋肉を鍛えているんなら、効果はすぐには現れず、しかも目立たないかもしれません。
けど、腹部の深いところの筋肉が硬くなってきた…とかいうこと、ありませんか?
まだまだ続けてくだされ~。

投稿: かつしこ | 2005.07.06 12:29

 チェスです。かつしこ様、コメントありがとうございます。
 そうなんですか、効果はすぐには現れず、しかも目立たない・・なんだか、空気を抜きたくなってしまいました。はぁ~(大きなタメイキ)
 ハラも別段変化は無いですし、背泳を練習すれば相変わらず右へ左へよろよろしますし、バタフライは死にかけのフライマンタの如き(なんのこっちゃ)、いきなり水泳に効果を求めるのはマチガイですよね。ま、地道に1年くらいやって、様子を見ます。

投稿: チェス | 2005.07.06 14:00

記事への反応が遅れてしまいまして、スミマセン。

ディスクではないですが、バランスボールのレッスンを3ヶ月受け続けていますが、バランス感覚が良くなってきたような気がします。
クラスではボールを使った腹筋や腕立て伏せ、ヒンズースクワットなどの筋トレも行っているのですが、様々な姿勢でサーカスの曲芸師のようにボールの上に乗る練習もしています。
最初は怖かったし、全然できませんでしたが、だんだんコツが掴めてきて、乗れるようになってきます。コツの基本は「常に体幹部(お腹の奥の中心あたり)を意識しながらバランスを取る」ですね。
コツが掴めるようになってからは、エアロや水泳にも影響が出てくるようになりました。体幹部を意識しながら動くクセがついてきて、身体がブレなくなってきましたね。

ディスクはボールとは違うとは思いますが、片膝だけで乗ってみたり・・・と、難易度をあげてみるとちょっとは違ってくるのではないのかな?と思います。シロウトアドバイスで申し訳ないのですが、せっかくですから、続けてくださいね。

投稿: フリッパー | 2005.07.10 01:35

 チェスです。おはようございます。
 フリッパー様、コメントありがとうございます。
 体幹部を意識してバランスを取る、というところがミソみたいですね。ただやたらとバランスを取る様に頑張るだけでは、効果がでないのかな?とにかくケチな小職は、「元を取る」と考えるものですから、その理由だけでもがんばります。

投稿: チェス | 2005.07.10 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バランスディスクのその後:

« ガンダム | トップページ | 聞き違い »