« 創立記念日 | トップページ | KIID研究会 »

バランスディスク4日目へ

 こんばんは、チェスです。

 3日、3月、3年という言葉があるそうです。新しい社会人として会社に入ったものの、自分には合わない仕事であったり、何かの理由で折角入社した会社を辞めることになる若い人は、残念ながら毎年の様におられます。その、辞めようと思う危機のタイミングが、先ほどの3日、3月、3年なんだそうです。
 3月は、3ヵ月の意味で、Marchの3月ではありません。誰が言い出したのか、とかはよく知りませんが、会社を辞めるタイミングが、そんな数字で類型化されるものかな?とこの話を聞いて、ちょいと反発したと覚えています。

 それはともかく、現実には「三日坊主」という言葉がありますように、例えば「今年は日記をつけるぞ」と新年の決意も新たに分厚い日記帳を買い込んだはいいけれど、3日も書けばたちまち書く事に困り、やがては空白のページが最後まで続く、ということが、弱い人間としては往々にしてございます。

 で、決意というほどの決意もなく、単に「面白そうじゃないの」と思って買ったバランスディスク。チェス部屋ではどうなっているでしょうか?


 それを書く前に、「コースロープはいらない!」で書いた水泳ブログ関係者の昼食会のご参加者の面々にだけはお話した件を、こちらでも使い回して書かせていただきます。

 確か、バランスディスクを買って翌日の朝の事です。小職は、これの上に両足で乗り、「ヨヨッ、ハッ」とバランスを取りつつ、前衛音楽のオーケストラの指揮者の如き事をやっておりました。そこへ入ってきたチェス母親、息子のみょうちきりんな様子に、「又ヘンなものを買ってきたねぇ」と、毎度おなじみの台詞を吐きましたが、これは最新型のトレーニングツールなのである、と得意げに説明したら、なんとこの母親は、その説明に頷きつつ、
「でも、みんなは大きなボールでやっているよね」
とのたまうではありませんか!
 正直、チェス母親が、バランスボールを知っているとは思わず、驚いて指揮者はディスクから落ちそうになりました。

 ま、そんなことがありつつも、夜はバランスディスクを背中に当てる腹筋をしたり、朝は指揮者、あとはパソコン用の愛用の椅子の座面において、時々手をキーボードから離して、足を上げてバランスを取る、などの鍛錬(!)をしております。
 今日も実施致しましたので、まず3日の危機は通り越したと。

|

« 創立記念日 | トップページ | KIID研究会 »

コメント

 バランスボールはパソコン作業などで長時間座っているだけでもかなりのインナーマッスルへの刺激・運動になります。

腰痛にも良いバランスボール。最初は座るだけでも良いのにネ。宝の持ち腐れはもったいないです。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/07/post_99fe.html

書きましたので、よろしかったら参考にしてください。

投稿: SOBA | 2005.07.17 08:45

 soba様、コメントありがとうございました。チェスです。バランスボールも面白そうだなぁ、と思っているのですが、結構大きくて、只でさえガラクタで狭くなりつつある部屋が、もっと狭くなるのはかないませんので、バランスディスクにしました。パソコンの椅子の下に座布団の如く敷いて、時々手足を離してバランス取っています。
 元記事、読ませていただきました。バランスボールは随分注目のツールなんですね。

投稿: チェス | 2005.07.17 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バランスディスク4日目へ:

« 創立記念日 | トップページ | KIID研究会 »