« 交通博物館 | トップページ | 国連安保理改革 »

竹芝へ

 こんばんは、チェスです。

 昨日は、勤務先の部内の宴席があり、会社を定時で終えて竹芝に向かいました。

 通常は、JRの京浜東北線で浜松町まで行き、少し歩くか、又は新橋で「ゆりかもめ」というルートですが、面倒見のいい幹事役から、出かける直前になって「現在京浜東北線が止まっている様なので、地下鉄南北線で麻布十番まで行き、大江戸線に乗り換えて大門に出る様に」という指示が社内を回り、その通りに行く事にしました。
 これですと、いささか遠回りになりますが、せっかくの幹事役からの情報とご指示ですから、仕方ありません。

 麻布十番での大江戸線への乗り換えは、かなり不便で、地下道による水平移動に加えて、エスカレーターでの上下移動がかなりあり、「これは乗り換え5分という訳にはいかないな」と思いました。
 ともかく大江戸線に乗り換え、東に向かってほんの数駅、大門に到着です。ただ、車内の自動音声アナウンスは、「大門浜松町」と言っていました。大江戸線は自動化の進んだ最新の地下鉄のため、運転士さん一人だけのワンマン運転です。それはともかく、地下鉄の駅としては、「大門」の筈、と思いました。事実、駅名表示は「大門」とシンプルです。

 うーん、これは?と思いつつ、とにかく下車して地上に出ると、目の前にJR浜松町駅の北口改札口が見えます。すぐ南側が東京モノレールの乗り場です。
 なる程ね、これだけ近いのだから、JR浜松町駅との乗り換え連絡を強調するために、「大門浜松町」と音声案内しているのでしょう。だが、それなら駅名を「大門浜松町」にすればよさそうなものだが・・実は、「大門」という駅名は、同じ都営地下鉄の先輩、浅草線の駅名なのです。
 JRとの乗り換え連絡のために、大江戸線の駅名だけを「大門浜松町」にすると、浅草線の「大門」はどうなる、という議論があったと思います。
 残念ながら、浅草線の大門は、浜松町駅とは少し離れています。浅草線の駅名まで一気に変えるということはできなかったのでしょうね。経費もかかりますし。

 ところで、JRの高架をくぐり、海岸通りの交差点を過ぎると、今度はゆりかもめの高架が見えてきて、目指す宴席の会場の建物はすぐそこ、となりましたが、竹芝桟橋も大きく変わっているのに驚きました。確か、伊豆諸島への航路を運行している東海汽船の旅客ターミナルがあったくらいにしか覚えていないのですが、大きな高層ビルが2棟、ニューピア竹芝ノースタワーとサウスタワーというのがあり、この2つのビルを中層の建物が連絡しているみたいです。ピアというのは、確か桟橋という意味だよなぁ、などとぼんやり考えつつ、会場に入りました。

|

« 交通博物館 | トップページ | 国連安保理改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹芝へ:

« 交通博物館 | トップページ | 国連安保理改革 »