« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

中島美嘉さんライヴ 感想の続き

 こんばんは、チェスです。

 これは実は昨日の記事の後半部分なのですが、あまりに長くなってしまったので、分割して載せることにしました。
 会社の同僚の、中島美嘉さん筋金入りファンである「PANちゃん」に連れて行っていただいた、中島美嘉さんの「LET'S MUSIC TOUR 2005」の大宮公演2回目を聴いての感想の続きなのです。

 中島美嘉さんという、小柄でか細い感じさえする外見からは想像もつかない、パワフルな歌唱力を持つマルチシンガーの持つ魅力については、前半部分で書きました。それで後半は、ライヴ全体から受けた印象というか感想です。
 まず、ステージ構成がなかなか巧みだと思いました。映画「NANA」の前振りというアクセントはあるものの、そこにしても「歌手 中島美嘉」をきっちり出していますし、実際会場はここで大きく盛り上がったかに見えました。

 最も特徴的なのは、ステージ狭しと踊り回る、4人のバレエダンサー達。(4人だと思ったのですが、記憶違いかもしれません。違っていたらどなたかご訂正下さい)中島さんの曲の世界を、バレエという表現方法を用いて、ダイナミックに視覚に訴えてくれます。

続きを読む "中島美嘉さんライヴ 感想の続き"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

大宮ソニックシティ大ホールにて

 こんばんは、チェスです。

 さて、何とか無事にバリウムを体外へ排出せしめてホッとした夕方、定刻のチャイムとともに、会社を出る事になりました。
 というのも、会社の同僚、このココログにもコメントを頂戴していた「PANちゃん」が、中島美嘉さんの「LET'S MUSIC TOUR 2005」の大宮公演2回目に誘ってくれていたのです。優しいPANちゃんは、「是非、生で『桜色舞うころ』を聴いて下さい」とおっしゃっていただいて、実のところPANちゃん程筋金入りの美嘉ちゃんファンという訳でもない小職は、なんともったいない、とは思ったものの、こんなチャンスもめったにない、と思い直して、連れて行ってもらうことに致しましたのです。PANちゃんは、いかにも美嘉ちゃんのステージを聴きにいきます!というノリノリの装いで、可愛くステキでした。

 さて会場=大宮ソニックシティ大ホール=は、さすがに人気爆発中の中島美嘉さんだけあって、超満員です。客層は女性が多い。うーん、ざっと見たところ、7:3位で女性が多いと思いました。それも本当に若い女性から支持を受けているという感じです。
 ステージは、中島さんのお話によれば、フランスの辺鄙な田舎にある教会をイメージしたものだそうで、大きなステンドグラス2枚が目を引きます。「アメージング・グレイス」で始まったコンサートは、全20曲!途中、9月3日に公開されるという中島さんが主役の一人を演じている映画「NANA」からの3曲も入って、時間は文字通り、あっという間に過ぎていきました。この大宮公演は、全国ツアーの約2/3を終わったあたりですが、既に追加公演が決まっており、本当に彼女の人気は凄いです。

続きを読む "大宮ソニックシティ大ホールにて"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

健康診断

 こんばんは、チェスです。

 本日は年に一度の、会社が実施する健康診断です。
 若い人達は「簡易成人病健康診断」といって、検査項目数が若干省略されている奴を受けます。ま、それだけ病気に対するリスクが小さい、ということなのでしょう。
 しかし40歳をとうに過ぎているチェスの場合には「生活習慣病健康診断」という奴を受ける必要がございます。

 前の日の夕食を夜8時までに済ませること、当日の朝は、一切禁飲食。(喫煙もダメ・・チェスは現在吸っておりませんが)と、前日からの指定もございます。
 更には、大腸癌のスクリーニング検査というのでしょうか、便の潜血を調べるために、予め2回分の便を採取しておく必要があり、これを当日渡します。

 当日は、概ねの指定された時間に沿って検査が進むため、あまり待つことも無くスムーズに進みます。
 おしっこを採取して指定場所に置き、身長、体重、血圧、医師の診察と、どんどん進みます。
 それから心電図。こいつは安静時の心電図ですが、小職は病院に入院するときに、「負荷心電図」というのを測らされたことがあり、これは結構大変でした。

続きを読む "健康診断"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海へ遠足

 こんばんは、チェスです。

 梅雨と言われつつも、何だかカラ梅雨の様な厳しい暑さの続く東京ではありますが、昨日は「水夢王国」のメンバーが集まって、熱海へ遠足に行きました。

 皆様、おにぎりやおかず、飲み物にデザート、果物と大量の荷物を準備して下さったので、小職はアシを提供することとなり、愛車のプジョー307sw=愛称プジョリーヌを出動させることになりました。
 目的地は熱海です。熱海の曽我浦海岸というビーチで、オープンウォータースイムレースが行なわれるのですが、水夢王国の練習会で、毎度コーチをして下さる我らがカズンさんが、視力がほとんど無く、聴力が無いというハンディキャップを持った方の伴泳をする、ということで、応援に行く事にしたのです。
 道が混んでいたりして、応援レースに間に合わなかったらどうしようか、とドキドキしましたが、幸にして往きはさしたる渋滞は無く、ほぼ予定通りに会場に到着することができました。
 アカオビーチリゾートという、一つの浜丸ごとが会場になっており、海に6つほどブイが浮かんでいて、そのブイを巡って泳いでくると、1周が800mの距離なのだそうです。
 小職は、実は昨年この方とお会いしたことがあり、その時もカズンコーチはプールで水泳をコーチしていらっしゃいましたが、お二人の厚い信頼関係は本当に素人ながら見ていて感動するものがありました。
 しかし今回は海のレースです。コースロープで仕切られて、波も殆ど無いプールではありません。カズンさんが一緒に泳いでくれる、といっても、果たして大丈夫なのでしょうか。

続きを読む "熱海へ遠足"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

続・英会話

 こんばんは、チェスです。

 数日前の英会話の記事は、約20年前の「紅毛事始」という状況を思い出しながら書きました。
 で、結果、「デキるビジネスマン」になるはずが、「デキない平凡人」に急降下してしまって、幾星霜。
 すっかり錆びついた英会話力は、どうなっているのでしょうか。こいつを久しぶりに発揮させなくてはいけない状況になってしまったのです。
 仕事の内容は書けませんが、ともかく小職の仕事に関係して、打ち合わせのためにヨーロッパからお人が3名、来日しました。
 いつもは、海外事業を担当するディヴィジョンと、仕事を統括する役員さんなどが相手をしているために、外国からのお客さんが見えて、社内で顔を合わせても、「おはようございます」くらいしか口を聞きませんので、どうってことはありません。
 早い話が知らん顔でございます。
 しかし今回は、小職の仕事にモロにかかわる事だけに、知らん顔ということはできません。
 幸にして、昼間の会議では、大事な話であるからして、専門家の通訳の方が見えましたので、ボロを出さずにすみました。

 が、会議が終わると、夜の接待があります。いつもは役員などが相手をするのですが、今回は「チェスも出ろ」と言われて、やむを得ず慣れない接待の席に顔を出すことになりました。

続きを読む "続・英会話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天秤

 こんばんは、チェスです。

 小職の部屋の隅っこに、かなり古い天秤があります。

 小職の父方の祖先をたどっていくと、代々東京で生まれ育っておりまして、曽祖父の父上は、上野の山で官軍を迎え撃って戦ったという話が伝わっています。当然負けまして、一時山梨県の甲府に逃れたそうですが、世の中が落ち着いてくると江戸から東京と名前が変わった町に戻り、以後曽祖父、祖父、うちの父親と東京ばかりで育っています。
 その祖父ですが、9月1日の関東大震災(東京の下町は火災で壊滅的な被害を受けました)、太平洋戦争時の3月10日の東京大空襲(米軍の無差別焼夷弾攻撃で東京の相当地域が火災となりました)のいずれも、なぜか東京を離れているという強運の持ち主で、小職が大学に通っている時まで存命でしたので、結構色々な昔の話を聞きました。祖父の場合、本来なら徴兵されるべき時期が軍縮の時代であったために、軍隊の経験はありません。しかし、那須にいて関東大震災を知り、びっくりして東京へ向かう汽車に乗るも、ダイヤは滅茶苦茶で、とうとう途中で汽車が止まってしまったために、徒歩で東京に入ると、まだあちこちで火災が燻っていたこと、ようやくたどり着いた家は丸焼けで無かったけれど、一家は無事で、どこそこへ避難している、という立て札が立っていたことなどを聞きました。

続きを読む "天秤"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株主総会

 こんばんは、チェスです。

 本日、6月24日は小職がお給料を頂戴している会社、つまり勤務先ですな、の株主総会でした。

 そうかい、を入力して、変換させようとしたら、驚くなかれ、第1候補が「掃海」であったのはびっくりしました。ま、確かに小職は、ネイヴィー大好きの海軍マニア(というほどでもないが)でありますが、まさか「掃海」とはなぁ。
 皆様、この意味おわかりになりますか?おわかりになる方は、小職の同志ですな。
 機雷が敷設、浮遊している海面を捜索して、機雷を爆破処分することを「掃海」といいます。この作業を専門に行なうフネを掃海艇と申します。機雷には、金属を感知して爆発させる磁気信管を持っているものが多いので、安全のため掃海艇の船体は木造とかFRP製であることが多いです。いつか小職が晴海の岸壁で見た、海上自衛体の「うらが」は、この掃海艇の親分の「掃海母艦」でありました。

 すっかり話が横道に逸れました。逸れっぱなしで、戻らない時には、仕方がありませんので、タイトルを変えてしまいます。

 株主総会というのは、株式会社にとっては極めて大事な行事であって、会社に出資してくださっている株主様に、会社の1年間の会計年度における業績、取締役や監査役といった役員の選任を認めてもらう場でございます。

続きを読む "株主総会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話

 こんばんは、チェスです。

 遥か20年前、そう、小職が会社に入社した頃のことです。「デキるビジネスマンは英会話も当然デキる。」と思っていて、しかし思ってはいても当時やたらと勧誘攻勢のあった英会話用の通信教育講座には、どうも胡散臭いものを感じて申し込む気がせず、どうしようかな、と考えておりました。
 でも、さして悩むこともなく、チャンスは向こうから転がってきました。当時、確か会長の秘書をしておられた女性のご友人のご主人がイギリス人で、会社終業後あたりにやってきて英会話を教えてあげる、という話が舞い込んだのです。ま、ボランティアということではなく、ちゃんと月謝は払うのですが、英会話学校に通うことを思えばかなり安い月謝でしたので、5人ばかり生徒が集まりました。

 生徒は全員上司と同僚ばかりという週に1度の気楽な英会話教室で、これはなかなか楽しかったと記憶しております。
 最初のうちは、先生のイギリス人が適当なテキストを見つけてきて、みんなで読んだり暗記したりという感じでしたが、だんだん日常会話中心の実践的なものに移行して、益々面白くなりました。

 ただ、残念ながらこの生徒たちはみんな忙しくなってきて、全員が集まるということは少なくなってしまいました。

 ある日などは、英会話教室に使っている会議室に出向いてみると、生徒は小職一人だけ。
 先生もさすがに困って、「本日はレッスンはお休みにしようか。」ということになりました。

続きを読む "英会話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ不調のため

おはようございます、チェスです。 如何なる訳か、昨晩からココログが不調で、記事を投稿出来ません。まさか小職一人だけ嫌われて、エラーではじかれているのではなかろうな?と被害妄想に陥ってしまいます。芸能人のブログは人気があって影響が大きいから、大丈夫、なんてことはあるまいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボテン

 こんばんは、チェスです。

 写真は、会社の屋上に置いてあるサボテンの花です。かなりキツい棘を持っているサボテンなのですが、花は本当に綺麗な白い花を咲かせます。
050620-saboten

 この花も、月下美人と同じで、寿命僅か1日です。

 でも、「どうして花が咲くのかな」という疑問が出てきました。

 普通の種を使って種族の保存を図る植物は、種を作りたいがために、花を咲かせて、種を作って、そいつを人間や動物があちらこちらへ運ぶために、種族の拡大、種の保存を図るのですよね。
 が、サボテンの種類には(とうてい全ての様子は見ていませんが)種を介さず、直接土の中から新しい株の顔をのぞかせる、といった現状です。
 ならば、花-種子-系の普通の植物は、まぁまぁそんなもんか、と思いますが、サボテンについて言えば、花は必要ないんじゃないか?という疑問がわいてきました。

 サボテンの花も、月下美人に負けず劣らず、ゴージャスで絢爛とした白い花ですが、月下美人と同じく1夜花だそうです。
 勝手に繁殖できるなら、別に花をつける必要性がないものに思われるんですね。
 実の成る種類のサボテンでは、南国の雰囲気たっぷりのトロピカルフルーツみたいな奴の実を慣らせるみたいです。

 より遠方に勢力を拡大するための方策なんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなのって、ありなのか?

 こんばんは、チェスです。

 モータースポーツと呼ばれるカテゴリーにも色々あり、2輪=オートバイのレースから、一般の市販車をベースカーとしたレース、果ては燃費を競う「エコラン」や太陽電池で走らせるレースなど、本当に種類豊富です。
 公道最速を決めるのが、ラリーという公道を猛スピードで走るまくる奴ですが、その中の最高峰はWRCと言えるでしょう。
 ならば、サーキット最速を決めるのは?となれば、これはもう、フォーミュラ1=通称F1と呼ばれるレースでありましょう。

 F1は、ヨーロッパ発祥のレースであり、現在でもヨーロッパのもの、という感じが強いですが、今年は砂漠のF1、バーレーングランプリや、中国上海でのグランプリなど、世界中で開催されるようになりました。
 で、この週末は北米大陸の2連戦、カナダグランプリに続く、インディアナポリスで開催されたアメリカグランプリでありました。
 時差の関係で、決勝のレースはさすがにリアルタイムには見る事ができないので、ヴィデオに録画しておいて(ウチにはまだDVDレコーダーがありませんので)朝早起きをして、結果を楽しむ、ということになります。
 録画ですと、CMをどんどん飛ばすことができますので、その点だけは時間を効率良く使えてありがたいと言えます。

 さて、アメリカグランプリの決勝は、どんなレースだったのか?

続きを読む "こんなのって、ありなのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

国連安保理改革

 こんばんは、チェスです。

 やはり、というべきなのでしょうか。ドイツ、インド、ブラジル、そして我が日本の4カ国グループ=G4と呼ばれていますが、この4カ国が国連の安全保証理事会への常任理事国入りを目指している安保理改革は、現在の常任理事国において日本の加入を明確に反対していた中国の態度に続き、アメリカ合衆国が「安保理改革においての新しい常任理事国は、日本とあと1国程度」と態度を表明したことで、ますます厳しいことになってきました。
 アメリカを含め、現在の常任理事国は、既得権が薄くなってしまう常任理事国の加入という安保理改革は面白くないのは当然なのです。ただ、現在の国連事務総長が、「安保理改革は是非とも必要」と表明していることからも、全くの絶対反対、というのはエゴ丸だしになってしまって、いかにもまずいのです。
 で、日本は何しろアメリカ合衆国の太平洋の向こう側の子分の様なものだし、国連にお金だけはたくさん出しているし、ということで、子分が入ってくる分には、アメリカ合衆国にとってはそう悪いことではないし、更にG4の結束にヒビを入れされる事ができるので、「日本と、あと1カ国くらいならばいいんじゃないかい」という案をもちだすことは、一石二鳥になるのです。

 イラク戦争の時に、明確に反対の態度を取って恨みを買ったドイツは、こうなると分が悪いということになります。
 逆に、G4の中で「拒否権を持つべき」とかぐずぐず言っていたインドは、「日本の他、あとの1カ国はウチじゃないの!」と色気が出てきましたでしょう。

 もっとも、日本の場合には中国や韓国が黙っている訳ありませんし、インドの場合にはパキスタンが「絶対ゆるすまじ」と考えているでしょうから、アメリカ案にしたところで、日本の外務省が「最悪我々だけは、まぁ何とか」と考えているとしたら、まだまだ大間違いでけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

竹芝へ

 こんばんは、チェスです。

 昨日は、勤務先の部内の宴席があり、会社を定時で終えて竹芝に向かいました。

 通常は、JRの京浜東北線で浜松町まで行き、少し歩くか、又は新橋で「ゆりかもめ」というルートですが、面倒見のいい幹事役から、出かける直前になって「現在京浜東北線が止まっている様なので、地下鉄南北線で麻布十番まで行き、大江戸線に乗り換えて大門に出る様に」という指示が社内を回り、その通りに行く事にしました。
 これですと、いささか遠回りになりますが、せっかくの幹事役からの情報とご指示ですから、仕方ありません。

 麻布十番での大江戸線への乗り換えは、かなり不便で、地下道による水平移動に加えて、エスカレーターでの上下移動がかなりあり、「これは乗り換え5分という訳にはいかないな」と思いました。
 ともかく大江戸線に乗り換え、東に向かってほんの数駅、大門に到着です。ただ、車内の自動音声アナウンスは、「大門浜松町」と言っていました。大江戸線は自動化の進んだ最新の地下鉄のため、運転士さん一人だけのワンマン運転です。それはともかく、地下鉄の駅としては、「大門」の筈、と思いました。事実、駅名表示は「大門」とシンプルです。

続きを読む "竹芝へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通博物館

 こんばんは、チェスです。

 本日(2005年6月17日)の東京新聞の朝刊に、交通博物館が来春閉館するという、かなり大きな扱いの記事がありました。

 本記事によれば、建物の老朽化が進み、バリアフリー対策もできておらず、敷地の狭さから将来に向けての発展余地がないことが閉館の理由だそうです。
 この博物館が所蔵している展示品や資料については、2007年に新しくさいたま市に開館する予定の「鉄道博物館」に引き継がれる予定とか。

 この博物館の歴史は古く、小職の父親が子供の頃から既にあった、と聞いています。父が見に行った頃は、「鉄道博物館」という名称だったそうですから、スタートは鉄道の展示ばかりだったのでしょうね。
 前述の記事によれば、戦後に鉄道だけではなく、自動車、船、航空機など交通全般の展示を行なう様になり、名称も「交通博物館」に変わったということです。
 とはいうものの、何度も訪れています印象では、交通博物館とはいうものの、展示品の中心はやはり鉄道、それも旧日本国有鉄道の歴史を示すものであり、その質と量とは他の交通を圧倒していた、と思います。これは、当時の鉄道省が創立したということを考えればやむを得ないことではありましょう。
 してみれば、交通博物館は、場所を変えて生まれ変わる時に、原点の「鉄道博物館」に戻るのだと思えばいいのかもしれません。

続きを読む "交通博物館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ物

 こんばんは、チェスです。

 あまりにも間抜けな話ではあるし、誰にも言わずに黙っておれば、知っているのは小職一人なので、一人悔しがっていればそれで済むのですが、やはりここは自分に鉄槌を加える意味で、書いてしまうことにします。

 小職が管理し、自らも時々書いておりますブログ「コースロープはいらない!」も読んでいただいている読者はご存知ですが、小職は公共プールの巨大情報サイト「水夢王国」の水泳練習会にお世話になっております。
 毎月1回の割合で開催されるこの練習会が、この前の日曜日にありましたので、参加してきたのです。それは良かったのですが、帰宅すると、プールで使った道具一式がリュックサックにありません。少々慌てて、荷物を全て外に出して見ましたが、やはりありません。こいつは、プールのロッカールームに忘れてきた、としか思えません。そう言えば、今回から会場としてコースを借りているプールの利用時間管理が厳しくなり、きっかり2時間でロッカールームの外のロビーに出る事、というお達しがプール管理側からありました。で、何事をやるにもグズでのろまの小職は(ホントに萬、てきぱきと物事が片付かないのです。要領が悪いというより鈍くさい!)服を着るのに手間がかかり、水着などを入れたビニール袋をリュックサックに入れるのを忘れて、あたふたと外によろめき出てしまった事を思い出しました。

 プールに行って、鈍くさいのは仕方ないにしても、忘れ物などしたことはなかったのに、これはいささかショックです。

続きを読む "忘れ物"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

入浴剤

 こんばんは、チェスです。

 昨年でしたでしょうか。温泉のお湯に入浴剤が入っていたということがバレで、大騒ぎになったことがありました。
 でも、皆さんのお宅で、お風呂のお湯には何がしかの入浴剤を入れてはいませんか?
 お風呂に、ただお湯を張って浸かるのは、出張先で泊まったビジネスホテルのバスタブくらいのもので、家でお風呂に入る際には、ツムラのバス何がしといった有名どころの入浴剤から、全国の有名温泉の名前のついた入浴剤、あるいは固形で、お湯に放り込むと炭酸ガスが発生して勢い良く泡が出てくる奴、と、その日によって色々の入浴剤を変えて、楽しんでいるのです。

 入浴剤には、何やら色々な効能書きがかかれていますが、どちらかというと気分的なものが大きいと思います。
 爽やかな柑橘系の香りが漂ったり、檜の香りがしたりして、ただのお湯に浸かるのよりも、リラックスできるのではないかと思われます。
 勿論、単なるリラックス効果のみならず、女性向けには、お風呂上りにはお肌すべすべ、とか、保湿効果もありますよ、とか、様々な付加価値をつけて買ってもらおうとメーカーさんでは努力しているのです。

続きを読む "入浴剤"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっています「ニンテンドッグス」

 こんばんは、チェスです。

 会社から勤続20年の記念品としていただいた、任天堂の携帯ゲーム機で遊ぶ「ニンテンドッグズ」さっそく毎日遊んでいます。(ソニーの「PSP」の方は、目下ソフトが無いので箱から出してもいません。)
 「ニンテンドッグス」には3種類のソフトがありますが、頂戴したのは「柴 アンド フレンズ」で、何しろ可愛い柴犬の子犬が、ゲームパッケージにデザインされています。柴犬の他に、シェルティ、トイ・プードル、ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ、ミニチュア・ピンシャーの4犬種を遊ぶことができます。

 やはりここは当然柴犬(何が当然って、聞かれても困りますが)でしょ、ということで、ケンネルに行って、柴犬のオスの子犬を1匹選び、「チェス」と名前を付けました。(犬は何でも全部チェスだったのです。)

 子犬は、まぁ相当の外れでもない限り、誰もが知らず知らず微笑んでしまうという可愛らしさを持っているものですが、その動きを画面で見ていると、本当に良くできているなぁ、と感心致します。このゲームの開発者は、子犬の動きというものの動画データを相当に大量に収集したにちがいありません。
 子犬、という設定には、外見がとにかく可愛らしい、という強烈なセールスポイントの他に、更にいいことがあります。

続きを読む "やっています「ニンテンドッグス」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なんだかヘン

 こんばんは、チェスです。

 デタラメな諺を、さも、尤らしく書いて、(確信犯で)ワルノリ創作しようとしましたが、こういうことはいけませんねぇ。joyful様には、良くご指摘いただきました。
 あれは下らぬアイディアであったと反省致し、二度とやりません。

 さて、電車の中での携帯電話の使用ルールについては、東京近郊の鉄道会社について言えば、概ねガイドラインとでもいうか、指針とでもいうべきものが普及してきたみたいです。即ち

「優先席付近では、携帯電話の電源は切る。その他の場所ではマナーモードにして、通話は遠慮する。(できるだけ止める。)。」

 こんなところでしょうか。
 かなり以前より、携帯電話の発生する電磁波が、心臓ペースメーカーに代表される精密医療機器に影響を与えるおそれがある、と言われております。
 心臓ペースメーカーというのは、想像するに、電気を使って微弱なパルス的ショックを与え、一定のリズムの鼓動を確保しようとするものなのかな?
 ですので、ペースメーカー近くに電磁波の発生源があると、一定のパルスの発生が乱れてしまうということなのかもしれません。無論このへんの話は、全て想像で書いていますから、真に受けないで下さいね。

続きを読む "なんだかヘン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨が降れば○○が□□

 こんばんは、チェスです。

 「雨が降れば桶屋が儲かる」という諺がございます。
 この諺の説明のみとってみれば、単なるこじつけとしか思えないものですが、この諺の意味することは、「世の中というものは、極めて複雑に絡み合っていて、ある出来事が、一見その出来事とは無関係に見える場所に波及することがある。」なんていうことかと思います。

 現代にも、まだ桶屋さんは存在してはいるでしょうが、小学生に桶屋と言ってもわからないでしょうから、平成版を創作してみるのも、梅雨の楽しみではないかと思います。

 「雨が降ると出生率は低下する」

続きを読む "雨が降れば○○が□□"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術となれば・・

 こんばんは、チェスです。

 タイトルをご覧になって、「すわ、チェスの奴も脳腫瘍再発でまた手術なのか!?」と勘違いされた方がいらっしゃるかもしれませんが、小職の話ではありませんで、名前もわからないどこかの方のことです。
 本日土曜日は、かかっている病院の脳神経外科の診察予約日でしたので、朝食を食べると早々に病院へ行きました。
 もしかしたら、水曜日の血液のホルモン検査結果が出ていない可能性がある、という受付嬢の話ではありましたが、その時はその時です。

 さて、脳神経外科に行きますと、待っておられた患者さんは3名程で、その内1名は会計をまっている風情でしたので、これならばすぐに順番が回ってくるだろうと安心しました。
 が、安心するのは早かったのです。

続きを読む "手術となれば・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入りですが

 こんばんは、チェスです。

 気象庁の発表によりますと、関東地方が梅雨入りしたそうです。
 毎朝眺めている朝の情報番組では、当然気象情報のコーナーもしっかり見て、傘を持っていくべきか折り傘でいいか、と考えますが、それとは別に1週間の予報なども出ていて、曇りや雨の印が並ぶのを見ると、こりゃそろそろ梅雨入りだな、と思っていると、やはり、というべきか、梅雨入り。

 何気なしに、つゆ、と入力して「梅雨」と変換させていますが、うめのあめ、と書いて「つゆ」と読むのは、あたり前の良く知られた言葉ですからナンとも思いませんが、よくよく見ると、梅の字をもって「つ」雨の字をもって「ゆ」というのは、相当に難解な読み方と言わなければならないでしょう。

 無論、他の読み方もありまして、「ばいう」でも正解なんですね。
 梅雨時に日本の南海上に長々と伸びる前線を称して、「梅雨前線」と気象関係者は言っていますが、あれは「つゆぜんせん」ではなくて「ばいうぜんせん」と読むのだ正しいみたいです。
 梅の字は、確かに「ばい」とも読みますし(梅の林を「ばいりん」と言いますよね。)雨の字は音読みで「う」ですから(「うてん」「うりょう」の如し)ばいうの方が読み方としては易しいと言えます。
 梅雨と書いて、「つゆ」と読ませる。こいつはやはり、かなり難解な読み方だと思うけれど、皆さん当然の様に使っているし、日本語変換辞書も難なく変換してくれるのです。どうして「梅雨」と書いて「つゆ」と読ませることができるのでありましょう。
 ここですらすらと解説ができたら、今頃小職はしがない会社員なぞしていません。

 博識を誇る読者様に、何卒ご教示を賜りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爪の三日月

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事で思い出したことがありましたので、本日はそれを書きます。
 皆さん、ご自分の爪を眺めてみて下さい。爪の生え際、というか、根っこの部分にですね、白い三日月形状のものがありませんか?その形から、「三日月」などと言われているそうです。

 祖父母が生きている時ですから、相当の昔ですが、祖父母のどちらか(たぶん祖母の方)に、この爪の三日月は、大きく出ている人は元気で健康なしるしなんだよ、と言われたのを覚えております。その時小職はたぶん小学生位だったので、真摯に受け止めて頷いたと思います。自分の爪を見て、三日月を見つけて、やれうれしやと思ったかもしれません。
 逆にいうと、この三日月が無かったり、あってもごく小さかったりした場合には、健康上何らかの問題を抱えている、ということになるのですね。

続きを読む "爪の三日月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルモンバランス

 こんばんは、チェスです。

 かなり昔の記事で書きましたが、99年の夏に下垂体腫瘍が見つかって、これを手術で取ってもらったということがございました。
 下垂体というのは、ホルモンの分泌を司る司令部です。
 ですので、ここに腫瘍ができるとなると、ホルモンのバランスが崩れてしまうそうです。更に、腫瘍それ自体が特定の種類のホルモンを産生する場合がありまして、そうすると余計なホルモンを勝手に作ることになって、更にやっかいなのだそうです。
 我が腫瘍は、このホルモン産生型の腫瘍であって、また手術では全てを取る事ができなかったので、少し残党が居残っているということです。
 すると、内服薬で残党の腫瘍が大きくなるのを防止すると同時に、その特定の種類のホルモン(プロラクチンというそうな)の数値が正常値から飛び出さないかどうか、定期的に血液のホルモン値を調べる必要があるのだそうです。

続きを読む "ホルモンバランス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電動歯ブラシ

 こんばんは、チェスです。

 とある金融機関で、まぁ現在ではどこでもやっていることではありますが、「ポイントサーヴィス」をやっていて、いつの間にかポイントが溜まっていて、しかも使用期限が来てしまう、というので、電動歯ブラシを貰うことにしました。
 そいつが本日やってきました。
 縦横振動により、歯と歯茎にマッサージをしてくれるという電動歯ブラシであって、これは会社で昼休みに歯磨きをするのに使おうと考えております。

 小職は毎朝の歯磨きも、電動歯ブラシのお世話になっております。当初は国産の、確かM電器の奴だったと思いますが、使い込むうちにモーターが息切れを起こすようになり、買い替えたのが、現在使っているブラウンの電動歯ブラシです。

続きを読む "電動歯ブラシ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ジェリービーンズ

 こんばんは、チェスです。

 今年も、部屋の月下美人が咲きました。2つ同時の開花となりましたので、この花特有の、まるでシンガポールかインドネシアか、そんな南の方に行った様な(といいつつ、行った事はないけど)ものすごい甘い香がただよっています。
 こんな感じで咲いています。050606-gekkabijin

 残念ながらこの花は「一夜花」であって、今晩咲いてしまうと、明日の朝には花はしぼんで、降下して畳み損なったパラシュートの如くになってしまいます。

続きを読む "ジェリービーンズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝顔

 こんばんは、チェスです。

 小学生の時、皆さん朝顔を育てませんでしたか?
 発芽が比較的容易で、誰でも育て易く、花が咲くのは丁度うまいことに夏休みの朝早く。小学生に育てさせるには、これほど都合の良い植物はないですね。
 後は、ひまわりなどもいいかな、と思いますが。

 5月頃にまず種を発芽させて、プラスチックの小さな容器に植えて、小学生一人ひとりに渡して、自分の名札をつけます。
 そこから朝顔の生育日記などをつけさせるのですね。「芽が出た」「双葉が出た」「本葉が出た」「弦が伸びてきた」と、書くべきイヴェントにも事欠きません。
 本葉が出てきたあたりで、植木鉢に植え替えます。
 花の咲く季節には夏休みに突入です。
 毎朝、早起きをして、いくつ花が咲いた、と、また日記に書くということになります。
 秋、花の後には種ができますよね。この種を回収すれば、次の年の後輩がまた朝顔を育てられるということですね。

 お隣で、区からたくさんの朝顔の種をもらった、ということで、各種の品種の双葉が出てきた朝顔を見ながらお話をしておりますと、そのうちの2つを頂戴することになりました。朝顔とは久しぶりだなぁ、と思い、もう少ししたら鉢に植え替えて、今年の夏は花を咲かせたいと思います。

 台東区の区の花は「朝顔」です。毎年7月初旬に行なわれる、入谷鬼子母神の朝顔市は有名ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「公」ということ

 こんばんは、チェスです。

 小職がここ2年弱、マイブームとなっている水泳~水遊びともいう~を通年楽しむには、日本の関東地方の場合には、温水プールが必要です。
 温水プールを利用するには2つの方法が考えられまして、1つは主に地方公共団体が建設、運営している(現在は指定管理者制度で運営を民間に委託していることもある)体育館や学校の温水プールを利用する方法で、後述致しますが、小職はもっぱらこの方法に依存しています。

 もう一つは、最初から民間のスポーツクラブやスイミングスクールに入会して会員になり、そこの施設である温水プールを使う方法ですね。
 こちらは、単純にコストを比較すれば、かなりお高いです。平均的なところで、1ヵ月の会費は1万円前後というところでしょうか。
 無論、高いだけのことはあり、施設が立派で水泳以外にも色々と充実しており、また綺麗であるとか、会員であれば無料で受講できる各種のレッスンプログラムがあるとかいったメリットはございます。

 ただ、これらのメリットは、入会した会員が能動的に享受しようとしなければ、得られないメリットなのであって、実際問題として完全に自由になる時間は週末のみである会社勤めとしては、会費の元を取るだけのスポーツクラブ通いは現状では到底無理であろう、と思われるので、敢えてどこぞのスポーツクラブに入会しよう、という気持ちには、なかなかなりません。

続きを読む "「公」ということ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KIID研究会

 こんばんは、チェスです。

 本日は、小職の勤務先の会社の顧問弁護士をしている弁護士の先生が主宰されている、「KIID研究会」の日でありまして、しかも先生のご指名で、小職が講師役で話をする会にあたっておりましたので、極めて泥縄的な準備しかできておりませんでしたが、何とかこなすことができました。
 この会の名称は、確か何かのスローガンの頭文字をくっつけたものと覚えていますが、肝心のスローガンの方を忘れてしまいました。

 会が発足した当初は、弁護士の先生の顧客になっていた中小企業の2代目経営者などが、自社の経営の参考にするために、と集まって勉強会としてやっていたそうですが、何時の間にか中小企業の2代目だけではなくて、先生と類似の職業の弁理士さん、公認会計士さん、税理士さん、社会保険労務士さんなど、あるいはお医者さん、銀行員、不動産会社の社員や、小職の様に製造業の会社の会社員などもいて、不思議なメンバー構成の異業種交流会の様相を呈してきました。

 幸にして、今回出席されたメンバーの皆様は、結構興味深く小職の拙い話を熱心に聞いて下さり、話す方としても張り合いがありました。

 所で、今回はこの弁護士の先生の法律事務所がそのまま会場だったのですが(付近の料理屋でやることもあります)この事務所は千代田区の麹町というところにあります。突然ですが、皆さん、この麹町の「麹」という字、直ちにソラで書く事ができますか?パソコンが出す字や、地下鉄の電車の車内で表示される字は、実は少し略された新字体でありまして、正式の麹という字は、更に難しいです。

 帰りは半蔵門線で神保町に出て、新宿線に乗り換えて馬喰横山へと帰ったのですが、麹町は「こうじまち」ですが、神保町は「じんぼうちょう」、小川町は「おがわまち」、岩本町は「いわもとちょう」と、町と表記しても、「ちょう」と「まち」とが激しく混在していますよね。
 何となくの感じなのですが、「ちょう」と言う地名にはいささか歴史と伝統が感じられ、「まち」という地名には新興というか、新参者です、という感じが致します。
 全く根拠の無い話しなので、「オレは○○まちに住んでいるが、新参者とは何事だ!」というクレームをつけられても困ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バランスディスク4日目へ

 こんばんは、チェスです。

 3日、3月、3年という言葉があるそうです。新しい社会人として会社に入ったものの、自分には合わない仕事であったり、何かの理由で折角入社した会社を辞めることになる若い人は、残念ながら毎年の様におられます。その、辞めようと思う危機のタイミングが、先ほどの3日、3月、3年なんだそうです。
 3月は、3ヵ月の意味で、Marchの3月ではありません。誰が言い出したのか、とかはよく知りませんが、会社を辞めるタイミングが、そんな数字で類型化されるものかな?とこの話を聞いて、ちょいと反発したと覚えています。

 それはともかく、現実には「三日坊主」という言葉がありますように、例えば「今年は日記をつけるぞ」と新年の決意も新たに分厚い日記帳を買い込んだはいいけれど、3日も書けばたちまち書く事に困り、やがては空白のページが最後まで続く、ということが、弱い人間としては往々にしてございます。

 で、決意というほどの決意もなく、単に「面白そうじゃないの」と思って買ったバランスディスク。チェス部屋ではどうなっているでしょうか?

続きを読む "バランスディスク4日目へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

創立記念日

 こんばんは、チェスです。

 6月1日は、写真の日、気象記念日、電波の日など、色々な記念日になっております。
 面白いところでは、バッジの日。これは、バッジが、徽章=「きしょう」とも言う事から、気象記念日に引っ掛けてバッジの日を相乗りしてしまったのですな。
 更に、チーズの日。こちらは、集合写真を撮影するときの掛け声「ハイ、チーズ!」にひっかけて、写真の日に相乗りしてしまったみたいです。


 それだけではなくて、小職がお給料を頂戴している勤務先の会社の創立記念日でもあり、毎年この日には、本社の構内にある小さな神社の祭事を執り行うために紀州神社から神主さんがやってきて「かしこみかしこみ・・」とやっています。

続きを読む "創立記念日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »