« 5月27日 | トップページ | 新たな習慣 »

新幹線vs航空機

 こんばんは、チェスです。

 だれもが考えるような話題であり、「何を今更」という話ですが、これははっきりした勝敗ラインというか、基準線があるのでしょうか。
 旅行の専門家なら簡単に「それはこうこう」と明快に答えを出してくれるでしょうが、たまに新幹線に乗る程度の人間であると、ちょっと疑問に思いました。
 というのも、小職の上司が数日広島方面に出張に行くので、その間のスケジュール表を貰い、こいつを眺めているうちに疑問がわいたのでした。
 上司が広島から帰るには、新幹線「のぞみ」を使うようです。広島-東京は4時間と6分。意外と速いじゃないか、と思いました。
 だって、広島なんですよ、岡山の向こうで、山口の手前です。(当たり前だ!)そんな遠くでも、4時間ちょっと、とは、新幹線も速くなったものだ、との感慨を持ちました。のぞみ号は東京-博多を結びますが、実際にこれを通しで乗る乗客はあまりいないのではないか、と想像しています。
 というのも、福岡空港というのは福岡市内からそれほど離れていない、大都市の空港としては非常に交通の便の良い空港として知られています。
 ですから、博多までのぞみに乗るよりは、たくさん便数のある航空機に乗った方が、遥かに速く便利でしょう。
 新幹線が行っていない北海道の札幌となると、これはもう新幹線から乗り継ぎの鉄道というのは勝負にならず、羽田-新千歳便というのは圧倒的なシェアを持っています。
 小職は東京生まれの東京育ちのため、どうしても東京中心に考えてしまいますことをお許し下さい。なお、東京は羽田便を考えます。国際線乗り継ぎの成田便は考慮しません。

 以上の点より、東京-福岡は航空機優勢、東京-札幌は航空機圧勝、という結論になります。

 ならば、もうちょっと近いとどうなのか?と思ったのが、先ほどの広島です。

 広島から航空機で羽田にフライトすると、これは1時間20分で着きます。広島空港は以前の広島市より、東に移転してしまい、かつての広島空港は「広島西飛行場」と名前を変えています。現在の広島空港は広島市から遠くなり、「不便になった」という声を聞きます。
 更に国内線とは言え、搭乗手続きに時間がかかるため、出発時間の30分前には空港に着いている必要があります。でも、これらを勘案しても、3時間もあれば広島市中心部から東京都心に来る事ができるでしょう。東京-広島も航空機優勢であろうと思います。

 北の方は、はやてが青森まで行った時に、競争の対象になりそうです。ずっと手前の仙台は、逆に新幹線圧勝。丁度、西の名古屋はかつて航空機が飛んでいましたが、新幹線の利便性に負けて羽田-名古屋というのは無い筈です。(どうも、新幹線圧勝のためか、羽田-仙台便はなさそうです。)
 良い勝負をしているのが、東京-大阪ですね。のぞみ対航空機のシャトル便。甲乙つけ難い好勝負です。
 つまり、この辺がボーダーラインと言えるのではないでしょうか。西であれば、大阪以西、北は仙台以北となると、航空機が優勢になる、と。

 広島からのぞみで帰る小職の上司は、小職と同様、航空機より新幹線を贔屓にしているタイプなのだと思います。

|

« 5月27日 | トップページ | 新たな習慣 »

コメント

岩手県には、「花巻空港」というものがあって、東北新幹線ができるまでは、東京便がありました。東北本線で、盛岡-上野間は6時間半、飛行機は1時間で、飛行機の圧勝。しかし、新幹線ができ、盛岡-東京間が最速2時間30分となり、盛岡-花巻空港までのバスが50分。搭乗手続きに20分。飛行時間60分。羽田-東京間が30分と、新幹線が逆転して、東京便はなくなりました。
しかし、地元花巻市では、新幹線の新花巻駅は、「はやて」が停車しないので、東京まで最速でも3時間以上はかかります。そのため、東京便復活を当時の日本エアシステムに陳情したようです(花巻市中心部からだと、新花巻駅より、花巻空港の方が近い)。
ただし、花巻市は人口7万位の街です。盛岡中心の岩手県では、その要望も受け入れられなかったようですね。それでも新幹線は1時間に1本確実にあるので、そちらの方が便利な気がします。
JR東日本が、秋田新幹線開通の時に、「飛行機より新幹線の方が便利」といって航空常務員が制服のまま、新幹線に乗っているCMが流れ、航空会社からクレームが来ましたね。秋田は、秋田空港は秋田市内から遠く、新幹線も「ミニ新幹線」なので、五分五分といった感じです。
新潟中越地震の時、不通となった新幹線の代わりに、新潟-東京便が臨時で復活しました。昨年、長岡に出張時、私はスポーツクラブのレッスンがあるからどうしようかな~と思っているうちに、飛行機は満席になり、仕方なく電車を乗り継いで。レッスンも休みました。飛行機が取れたら、出られたかもしれません。

投稿: AA | 2005.05.29 01:34

 こんばんは、チェスです。
 AA様、地元岩手県の考察をありがとうございました。盛岡市は県庁所在地にしては、厳しい盆地の地形で、空港を作るにはつらいところだなぁ、と思われますが、やや南の花巻市の方が少し平野が広いのですね。で、花巻市に空港が出来たと。
 でも、新幹線はどうして東北本線花巻駅を通せなかったのかな?駅の周りに土地の余裕がなかったのでしょうかね。地図で見ても、新幹線は花巻の付近でだいぶ東にずれて通っていますね。

投稿: チェス | 2005.05.29 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線vs航空機:

« 5月27日 | トップページ | 新たな習慣 »