« 高杉 良さん | トップページ | 日本海海戦100周年で海上慰霊祭 »

日本海海戦100周年

 こんばんは、チェスです。

 皆様は、まもなくやって来る「5月27日」という記念日をご存知ですか?
 かつては、海軍記念日と呼ばれていました。
 そう、日露戦争において、ロシアの第2太平洋艦隊~所謂バルチック艦隊~を日本海の対馬海峡付近の海域において我が国の連合艦隊がこれを迎え撃ち、世界海戦史上にも例が無い、と評されるほどのパーフェクトゲームで撃破した記念日です。
 そして今年、2005年は、この日本海海戦、つまり日露戦勝100周年にあたります。

 昨今、中国、韓国あたりから、「日本の歴史認識は間違っている、反省が無い」と厳しい風当たりを受けています。それがゆえに、国連常任理事国入りには反対だ、などと見当違いもはなはだしい文句も付けられています。
 まぁ、確かに日中戦争において、直接戦場となった中国の人民の被害を思えば、また、日韓併合の歴史を思えば、日本国としてはこれは率直に反省すべきだし、謝罪もするべきでしょう。そして、天皇陛下も日本国総理も、真摯に謝罪をしています。経済的見返りとしても、ODA(政府開発援助)を、宇宙に人間を送る国でありながら、核兵器を持っている国でありながら、続けてきました。

 もうここらでいいじゃないか、と思います。

 そして、歴史認識ウンヌンというなら、我が国政府は、どうして上記の様な、日本が世界の強国に対して全力でぶつかり、そして講和に持ち込んだ日露戦争のことを、又世界海戦史上に残る日本海海戦のことを、もっと国民にアピールしないのか。
 海上自衛隊は、日本海軍の末裔として、日本海海戦勝利100周年の記念イヴェントを、例えば横須賀の記念艦三笠を囲んで大々的に行なうべきです。

 明治という、日本が江戸時代という「日本の中世」を終わらせて、世界に向かって窓を開き、世界の一流国の仲間入りをしようと、誰もが全力投球をしていた時代。これをわすれるということは、まさしく恥としなければなりません。
 もし日露戦争に、日本が負けていればどうなったか。対馬や壱岐はロシアに分捕られていたかもしれません。
 我々日本人は全員日露戦争や日本海海戦を忘れるべきではないし、そうした歴史教育もできない教科書は、国賊ですよ。

|

« 高杉 良さん | トップページ | 日本海海戦100周年で海上慰霊祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本海海戦100周年:

« 高杉 良さん | トップページ | 日本海海戦100周年で海上慰霊祭 »