« 音楽を携帯する | トップページ | オーケストラの指揮者 »

ニンテンドッグス

 こんばんは、チェスです。

 昨日は、とんだヘマをやらかしました。この「タネがいっぱい」用に書いておいた記事を、事もあろうに「コースロープはいらない!」の方にアップしてしまったのであります。やれやれ。気をつけなければいけませんね。
 小職は、会社ではもうなんでもやらされていまして、会社のWebサイトの更新作業も小職の仕事ですが、自分のブログのヘマは仕方ないとして、会社のWebサイトでヘマをやらかしては目も当てられません。

 ところで。

 通勤に使うJRの電車の広告で、どうも気になるニンテンドーのゲームソフトの広告があります。その名も「ニンテンドッグス」ミニチュア・ダックス、チワワ、柴犬の3匹が用意されている、犬の飼育シミュレーションソフトみたいです。
 動物のシミュレーション・ソフト、それ自体は、特に目新しいものではなく、パソコン用には随分前から登場しています。
 デスクトップの全体を水槽にしてしまう、「アクアリウム」というソフトは、見た目も涼しげで楽しく、熱帯魚ファンなどには受けたのではないかと思いますし、実際かなりの本数を売ったメジャーなソフトになったと記憶しています。

 なら、「ニンテンドッグス」はどこか気になるのか。

 最新型の「携帯」ゲーム機で、犬の飼育シミュレーションをやる、というところに、どうもコンビネーションの妙があるのではないかと思います。
 携帯ゲーム機でありますから、会社に行くにも持って行けます。(どれだけ会社に持って行っている人がいるかは知らないですけど。)
 携帯電話機と同じ様に、「どこでも一緒」というのがミソなのです。

 犬や猫を飼っている方なら、どなたでもわかると思いますが、彼らを飼っていると、人間だけで泊まりの旅行には行けません。世話をする人がいなくなるからです。
 半日、家を空けるにしても、「ちゃんと大人しく留守番しているかな」と、どこかでは気になるものです。
 そのためか、最近はインターネットを使って家の様子-つまりこれはペットの様子ですね-を見る事ができるカメラも売られています。

 どこにでかけても、愛犬と一緒、というのは、ひょっとすると愛犬家の夢なのではないでしょうか。高速道路のサービスエリアに下りると、愛犬を連れてのドライブのご家族が、良く目に付きます。
 果たして、「ニンテンドッグス」のサイバーわんちゃんは、どの程度のものなのか、ちょっと興味があります。

 チェス犬が死んで1年と少し経ちますが、家のあちこちに、チェス犬の在りし日のスナップ写真の入ったフォトスタンドがありますから、どうもウチの人間も、何らかの「ペットロス」ということになるのでしょうか。
 

|

« 音楽を携帯する | トップページ | オーケストラの指揮者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドッグス:

« 音楽を携帯する | トップページ | オーケストラの指揮者 »