« お花見 | トップページ | ブラックバード »

シュークリーム

 こんばんは、チェスです。

 シュークリームというお菓子がありますよね。本場フランス語では「シュー・ア・ラ・クレーム」というのでしたっけ?
 ま、ともかくカスタードクリームをパリパリの皮で包んで焼いた、というシンプルなお菓子です。
 小職は、このシュークリームを見ますと、和菓子の最中を思い出します。最中の方は、中身は小豆のあんこですが、周辺は誠に軽い皮で覆われているところなぞは似ているのではないでしょうか。

 で、最中はともかくとして、あのシンプルなシュークリーム、どうもこの簡単な(と思える)お菓子が、どうしてどうして中々の人気でありまして、こいつを売り物にしている洋菓子店などもございます。
 しかし、人気のシュークリームといっても、これはもう完全に中のクリームが人気なのであって、外側の皮が人気のシュークリームというのは、ちょっと聞いたことがございません。あくまで、中身で勝負なんですね。

 シュークリームは、カスタードクリームが本当だろう、と小職は長いこと思っていましたが、「生シュー」などというものは、中のカスタードクリームを、生クリームに代えてしまっているのですね。甘党の党員である小職は、当然生シューも食べた事がありますが、生クリームはスポンジケーキなどとの相性が良いのであって、パリパリの皮の中に、生クリームだけがドーンと入っているのは、ちょっと違うのではないかなぁ、と思った次第です。

 ならば、これならどうだ、とばかりに、カスタードクリームの上に、生クリームを乗せて、2段重ねのシュークリームというのも、お目にかかったことがございます。
 これは前述の「生シュー」よりは、まだ許せる、と思いましたが、結局のところ、上等のカスタードクリームで勝負できない変り種に過ぎないではないか、と、この2段クリームにも冷たい論評を加えた記憶がございます。

 そうなると、結局本家、カスタードクリーム1本で頑張っているシュークリームを贔屓にするということになるのですが、しかし、このシュークリームという奴は、食べ方が難しいですよねぇ。
 誰も見ていない自分の部屋の中で、一人だけで食べるのであれば、それこそ好き放題に食べられますが、洋菓子店の喫茶コーナーなどで、お皿にシュークリームが1コ載っていて、小さなフォークが添えてある状況で、うまく食べることができますか?
 案外、スマートかつエレガントに、シュークリームを食べるのは、難しいですよ、こいつは。

|

« お花見 | トップページ | ブラックバード »

コメント

「シュークリームはねっ、フタですくって食べるんだ~・・・・」という歌聞いたことありませんか?昔、TBSでやっていた「ケーキ屋ケンちゃん」のテーマソングだったと思います。

でも、フタですくって・・・ってどうやるのかな?といつも思っていました。
チェスさんこの歌ご存知?

投稿: AA | 2005.04.07 00:32

「ケーキ屋ケンちゃん」
知ってます、知ってます!っていうか、わたしもその事を書こうとして、AAさんに先をこされてしまいました。
~だけど無理しちゃいけないよ、喉に詰まって・・・♪って続くんですよね。

わたしも長い事「フタですくう」って?と疑問に感じていましたが、本格的(?)なケーキ屋さんで売ってるシュークリームは皮(つまりシューの部分)が上下別々になっていてフタと底に分かれているんですね。しかもカスタードではなく、生クリームなので柔らかく掬いやすい。銀座ウエストのシュークリームがそうでした。

初めてそういうシュークリームを食べた時、「ケンちゃん」の歌を思い出して「なるほど!」と思いました。

投稿: あっち | 2005.04.07 01:25

 チェスです。AA様、あっち様、コメントありがとうございました。
 ケーキ屋ケンちゃんは見ていた筈なんだけど、その歌の方は、チト忘れてしまいました。
 ケーキ屋のオヤジのお父さんが、「何か新しいメニューは出来ないか?」と苦しんでいるのを見たケンちゃんが、自分も頑張ってアイディアを出して、お父さんを助ける、という話だけは何故か覚えているという、ヘンな記憶の仕方なんです。
 フーン、シュークリームは、フタですくって食べるんだぁ、そうなんですか、勉強のタネは尽きないものですなぁ。

投稿: チェス | 2005.04.07 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュークリーム:

« お花見 | トップページ | ブラックバード »